乾がカンプ・ノウで先制点の起点となるもスアレスのハットトリックでバルセロナが逆転勝ち

配信日:2015/10/27 10:17 Written by 中山 亮
5.0
乾がカンプ・ノウで先制点の起点となるもスアレスのハットトリックでバルセロナが逆転勝ち
EIBAR, SPAIN - OCTOBER 17: Takashi Inui of SD Eibar looks on prior to the start the la Liga match between SD Eibar and Sevilla FC at Ipurua Municipal Stadium on October 17, 2015 in Eibar, Spain. (Photo by Juan Manuel Serrano Arce/Getty Images)
リーガ・エスパニョーラ第9節、乾所属のエイバルはカンプ・ノウでバルセロナと対戦。
野洲高校時代に出演したTV番組で「いつかカンプ・ノウでプレーする事が夢だ」と語っていたそのカンプ・ノウでの試合です。

乾が5試合連続先発出場となるエイバルは、前節のセビージャ戦では守備面で乾と高連携をみせていたアドリアン・ゴンザレスが右足内転筋肉離れでベンチ外となりACミランから期限付き移籍中のヴェルディが今シーズン初先発。また右サイドにはサウル・ベルホンではなくハードワークを続けられるケコが入る。ここはおそらくマッチアップするネイマールとジョルディ・アルバ対策だと思われ、中盤の形はこれまでの4-1-4-1ではなくバルセロナの中盤の形に合わせた4-2-3-1を採用しています。
一方のバルセロナはメッシ、イニエスタは怪我で欠場となるもネイマール、ルイス・スアレスらは健在でいつもの4-3-3。また乾と直接マッチアップする右SBにはダニエル・アウベスが入っています。

両チームの力関係から試合の立ち上がりには乾がボールに触れない時間が続きますが、エイバル持ち前のハードワークをいかした守備で徐々にチームとしての良さを発揮できるようになりはじめると、前半10分に連動した守備で高い位置でボールを奪った所から乾のパスを起点にしたショートカウンターからこぼれ球をボルハ・バストンが決めて先制。エイバルはこれで5試合連続で前半10分までの先制点で立ち上がりの強さをみせます。
とはいえ少しのきっかけでも崩してくるのがバルセロナ。21分に左サイドでのネイマール仕掛けからスアレスが落としセルヒオ・ブスケツが右サイドに大きく展開すると、それをサンドロがダイレクトで中央に折り返した所にルイス・スアレスが飛び込むという得意の形でで1-1の同点に追いつきます。
しかし前半を通じて見ると、バルセロナがボールを持つものの乾も含めたエイバルのハードワークの前に思うように攻撃出来ないという展開。乾も守備を光るプレーを見せますが、ドリブルで仕掛けた場面ではマスチェラーノに防がれシュートまではもっていけませんでした。

後半に入り立ち上がりのセットプレーのチャンスをエイバルが決められないでいると、48分にネイマールが一度奪われたボールを奪い返して仕掛けで、最後はスアレスが決めて2対1と逆転。さらに、83分にバルセロナのマスチェラーノが暴言かで退場となるものの、85分にネイマールからのパスを受けたルイス・スアレスが動き出しと胸トラップだけでマウロ・ドスサントスを外してゴール。スアレスのハットトリックでバルセロナが逆転勝ちとなりました。

エイバルはハーフタイムにキャプテンであるダニ・ガルシア、54分にはヴェルディと2人を怪我で交代させざるを得ない状態となった事や、前半から飛ばしていた運動量に陰りが見え始めると後半途中からは一方的なバルセロナペースとなっていた。

プロ入り前から夢見ていた舞台でプレーした乾は79分にサウル・ベルホン交代となりましたが、チームのエースであるサウル・ベルホンをベンチに回してでも左サイドで先発出場となった事からホセ・ルイス・メンディリバル監督の信頼を掴んでいる事は間違いなく、この試合でもチーム内の約束事を果たすハードワークを続け攻守に輝くプレーも見られるなど今後の活躍にも期待させる内容。ただ、まだやはり欲しいタイミングでボールをもらえていない事も多々あるのが実情なので、今のプレーを続け結果を残す事でチーム内での地位をさらに高めていきたい。

出展元:https://youtu.be/tJ3C9gUVxM8...

この記事を書いたライター: 中山 亮 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 乾貴士  バルセロナ  ルイススアレス
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング