U-22代表DF遠藤、引っ張りだこ 浦和の2年連続正式オファーに続き名古屋も食指

配信日:2015/10/27 20:10 Written by plastic_theater
まだ評価がありません
U-22代表DF遠藤、引っ張りだこ 浦和の2年連続正式オファーに続き名古屋も食指
INCHEON, SOUTH KOREA - SEPTEMBER 25: Wataru Endo of Japan controls the ball during the Football Mens Round of 16 match between Palestine and Japan during day five of the 2014 Asian Games at Hwaseong Sports Complex Main Stadium on September 25, 2014 in Incheon, South Korea. (Photo by Stanley Chou/Getty Images)
現在湘南ベルマーレに所属するU-22代表DF遠藤 航に熱い視線が集まっている。

昨年浦和レッズがオファーを出していたが、遠藤は湘南への残留を表明。
オファーを蹴られた形となった浦和だが、ペドロヴィッチ監督の続投決定に伴い、2年連続で正式オファーを出すことを表明した。
浦和レッズについては先日、長年チームを支えてきた鈴木啓太の移籍が報じられたばかり。
J1ではここまで5位につけているが、来季を見据えて積極的な補強に動いている。

また、これに対抗する形で、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸が獲得に動いていることも報道されている。



ツイッターの反応は以下の通り。湘南に残ってプレーすべきとの意見も散見される。




















この記事を書いたライター: plastic_theater このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 湘南ベルマーレ  浦和レッズ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング