ローマがフィオレンティーナを下して首位へ浮上、ミランは辛勝、インテルは後退【セリエA第9節】

配信日:2015/10/27 13:05 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
ローマがフィオレンティーナを下して首位へ浮上、ミランは辛勝、インテルは後退【セリエA第9節】
FLORENCE, ITALY - OCTOBER 25: Alessandro Florenzi and Edin Dzeko of AS Roma celebrates the victory after during the Serie A match between ACF Fiorentina and AS Roma at Stadio Artemio Franchi on October 25, 2015 in Florence, Italy. (Photo by Gabriele Maltinti/Getty Images)
現地24日と25日に行われたセリエA第9節は、優勝候補同士の直接対決で、ローマが前節で16年ぶりに1位の座についたフィオレンティーナを2-1で下して、首位に浮上した。

ローマは開始から6分に、古巣フィオレンティーナと移籍騒動のあったFWモハメド・サラが、左足からの見事シュートで先制ゴール。早々にリードを奪うと続く16分、ユーロ2016で予選に大きく貢献したイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィの好判断から追加点が生まれる。高い位置からプレッシャーを試みるフィオレンティーナの裏をかき、フロレンツィが前線にロングボールを送ると、飛び出したジェルビーニョがGKとの1対1を制して2-0とした。その後、両者ともに激しい攻防を繰り返すが、得点は動かず。フィオレンティーナは、終了間際にFWクーマ・エル・ババカルのゴールで1点を返すが、時すでに遅し。スピードとフィジカルで上回ったローマが、重要な一戦で勝ち点「3」を手に入れ、リーグ首位に立った。

第7節を終えて首位から陥落したインテルは試合終盤、パレルモに同点弾を許して1-1で終了。日本代表DF長友佑都が今季初先発でフル出場を果たしたが、チームは4試合白星なしと元気なく、4位へと後退した。優勝候補の一角、ナポリは、1-0でキエーヴォを退けリーグ戦4連勝。フィオレンティーナを抜いて2位へと順位を上げた。

一方、シニシャ・ミハイロビッチ監督に解任の噂が出始めたミランは、カルロス・バッカのPKで前半にリードを奪う。しかし、その後、退場者を出し10人となったサッスオーロにFKから同点弾を許してしまう。焦りが見えるミランだったが86分、途中出場のFWルイス・アドリアーノがセットプレーでヘッド弾を叩き込み、辛くも勝ち越し。日本代表MF本田圭佑は、この後89分からプレーするのみに終わっている。また、ユヴェントスもアタランタ相手に2-0の勝利。まだ、ミスが目立つものの2連勝で12位へ順位を上げ、復調の兆しを見せ始めている。

●セリエA順位表:第9節終了時点

1位:ローマ(勝ち点20 6勝2分1敗 得失差11)
2位:ナポリ(勝ち点18 5勝3分1敗 得失差11)
3位:フィオレンティーナ (勝ち点18 6勝0分3敗 得失差8)
4位:インテル(勝ち点18 5勝3分1敗 得失差2)
5位:ラツィオ(勝ち点18 6勝0分3敗 得失差1)
6位:サッスオーロ(勝ち点15 4勝3分2敗 得失差2)
7位:サンプドリア(勝ち点15 4勝2分3敗 得失差4)
8位:トリノ(勝ち点14 4勝2分3敗 得失差1)
9位:アタランタ (勝ち点14 4勝2分3敗 得失差1)
10位:ミラン(勝ち点13 4勝1分4敗 得失差-4)
11位:キエーヴォ(勝ち点12 3勝3分3敗 得失差4)
12位:ユヴェントス(勝ち点12 3勝3分3敗 得失差3)
13位:パレルモ (勝ち点11 3勝2分4敗 得失差-2)
14位:ウディネーゼ(勝ち点11 3勝2分4敗 得失差-2)
15位:エンポリ(勝ち点10 3勝1分5敗 得失差-4)
16位:ジェノア(勝ち点10 3勝1分5敗 得失差-4)
17位:フロジノーネ(勝ち点7 2勝1分6敗 得失差-5)
18位:ボローニャ(勝ち点6 2勝0分7敗 得失差-8)
19位:ヴェローナ(勝ち点5 0勝5分4敗 得失差-7)
20位:カルピ(勝ち点5 1勝2分6敗 得失差-12)
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 セリエA  ACミラン  ASローマ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング