C・ロナウド、ハリウッド映画出演キャンセルで違約金26億円をゲット

配信日:2015/10/29 22:10 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
C・ロナウド、ハリウッド映画出演キャンセルで違約金26億円をゲット
MADRID, SPAIN - OCTOBER 13: Real Madrid football player Cristiano Ronaldo gestures during his speech after receiving his fourth Golden Boot Award as maximun goal scorer of European leagues at The Westin Palace Hotel on October 13, 2015 in Madrid, Spain. (Photo by Gonzalo Arroyo Moreno/Getty Images)
レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドのハリウッドデビューは、おあずけとなったようだ。C・ロナウドはがっかり・・・? いやいや、巨額の違約金を手にすることになって心の中で大喜びしているのかも・・・。

C.ロナウドの出演が予定されていた映画は、巨匠マーティン・スコセッシ監督がメガホンを取り、イタリア人大富豪アレッサンドロ・プロト氏の生涯を描く『The Manipulator』。
同選手が新たに家を購入したニューヨークのトランプタワーが、撮影現場となることが明らかとなり、サッカー界のスーパースターのハリウッドデビューが近づいていると複数メディアが報じていた。

しかし、ここに来て、プロト氏がC・ロナウドの出演に難色を示したことで、このプランが白紙撤回となった。これにより、同選手は、出演キャンセルの違約金2200万ユーロ(約26億円)を受け取ることになる模様。一部メディアは、元々の違約金1100万ユーロで、同選手の顧問弁護士が交渉の末、2倍にまでつり上げたと伝えている。

C・ロナウドの出演を拒否したプロト氏は、「私の生涯を描く映画に彼(C・ロナウド)は必要ない。マーティン・スコセッシ監督も私に賛同している。C・ロナウドはこの映画に出演しない」と明言。

また、「C・ロナウドの弁護士は、このニュース(出演キャンセル)を伏せておくことを希望した。だが、私には興味のないことで、公にしたい。C・ロナウドは、自分の思う通りや言う通りにすべての人が動くわけではないことを理解すべきだ」と同選手へ苦言を呈し、
さらに、「問題(C・ロナウド)が消えたことで、この映画に関わっている人たちはやっと落ち着いて撮影に取りかかれる」と皮肉交じりに語った。

「もし、彼が自分は軽視されたと感じていたら、気の毒だ。だが、人生は時に勝利し敗北するもの。私が彼に(違約金として)20万ユーロを支払う義務があるなら、彼に直接手渡すことにするよ」とコメントしている。

C・ロナウドは出演料を、ニューヨーク・マンハッタンに購入した家の支払いに当てる予定だった様子。一部では、この違約金はすでに同選手へ支払われたとの報道もある。
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 クリスティアーノ・ロナウド
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング