岡崎所属レスターのラニエリ監督が約束敢行、無失点達成のチームにご褒美ピッツァ

配信日:2015/11/06 06:04 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
岡崎所属レスターのラニエリ監督が約束敢行、無失点達成のチームにご褒美ピッツァ
LEICESTER, ENGLAND - OCTOBER 24: Claudio Ranieri Manager of Leicester City celebrates his team's 1-0 win in the Barclays Premier League match between Leicester City and Crystal Palace at The King Power Stadium on October 24, 2015 in Leicester, England. (Photo by Ross Kinnaird/Getty Images)
日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのクラウディオ・ラニエリ監督は、約束を必ず守る律儀な男のようだ。

プレミアリーグで、今季開幕から好調が続くレスター。9月中旬の第5節を終えた時点で黒星なしではあったものの、失点が続くチームに不満のラニエリ監督は、選手たちのモチベーションを上げるために、「クリーンシートで試合を終えたら選手全員にピッツアをご馳走する」と公言。

以降の4試合も無失点は実現しないままだったが、現地24日にホームで行われた第10節クリスタル・パレス戦で、やっと1-0の完封勝利を達成。同29日には、レスターが公式HP上で、ご褒美のピッツァが振る舞われたことが明らかとなった。

ラニエリ監督の約束が果たされたのは、レスター市内“ピーター・ピッツェリア”。ファーストチームの選手たちはイタリア人シェフの下、ピッツァ作りを体験した後、ピッツァを堪能した。熱々のピッツァを前に、興奮気味の岡崎とDFクリスティアン・フクスの写真も掲載されている。イタリア出身のラニエリ監督がセレクトしたお店とあって、ピッツアの味はお墨付き。選手たちも大満足だったはずだ。




ラニエリ監督はランチの前に、「支払いは私がするさ。サッカー以外で、皆が集うことは良いことだよ。このランチは、選手間の良いスピリットを生むことに役立つかもしれないね」とコメント。また、「我々にとって最も大切な要素は、チームのスピリット、2番目は選手たちが練習を楽しむことだ。同時に重要なのは、クリーンシートで試合を終えること。今季はずっと達成できていなかったが、チームの勢いを維持するためには大切なことなんだ」と述べている。

ラニエリ監督の粋な計らいでさらに一致団結した選手たち。現在5位につけるレスターは、今季5勝目を狙い次節でウェスト・ブロムウィッチと対戦する。
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 岡崎慎司
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング