ありがとう、シャビ!特集パート3: CLの思い出と3冠達成に向けて

配信日:2015/05/28 15:00 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
ありがとう、シャビ!特集パート3: CLの思い出と3冠達成に向けて
30日にアスレチック・ビルバオとのスペイン国王杯決勝、6月6日にユヴェントスと激突するチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝が待ち受けるバルセロナ。実現すれば欧州初となる2度目の3冠達成で、シャビを送り出したいと思っていることだろう。

バルセロナで8度のリーガ・エスパニョール優勝と3度のCL制覇を果たしてきたシャビは会見で、「バルセロナでのキャリアをリーグ優勝で締めくくるのは、素晴らしいこと。そして、スペイン国王杯でも優勝カップを掲げたい。クラブは歴史をつくるチャンスを手にしている。残る2つの大会(スペイン国王杯とCL)で優勝したいと心から思っているよ」と3冠への意欲を語っている。

<ドレッシングルームでリーグ優勝を祝うバルサの選手たち>


シャビは、以前のインタビューの中でこれまでのCLを振り返り、「なんと言っても1番の思い出は素晴らしい環境を持ち、欧州、そして世界ナンバーワンのスタジアムであるオールドトラッドフォードでの試合(vsマンチェスター・U)だ」と、1998-99大会グループステージでのデビュー戦を挙げた。

「自分は(デビット・)ベッカムがFKで得点した直後に交代でピッチに立ったんだ。
緊張したよ。(ルイス・)ファン・ハール監督からすぐにウォームアップするように言われ、緊張したのを覚えている。ベッカムのゴールでチームは劣勢(3-2)だった。自分はなんとかして貢献し、その状況を打開しなければならなかったんだ。チームは(後半)30分台に良いプレーができた(アウェー戦で3-3)。あのデビュー戦の試合後は最高の気分にだった」

「多くのことを達成できCLで数多くの試合にも出場してきた。バルセロナでプレーできてとてもラッキーだ。多くのサッカー選手たちはもちろんレジェンドたち、またCLでのたくさんの戦いを乗り越え、そしてCL最多出場を達成できたことは格別だ」

シャビは、バルセロナでの最終戦となるユヴェントスとのCL決勝について、「スペイン国王杯とCLでは、バルセロナが有利とみられているようだが、それは違う。簡単なことではなく、決勝ではなにが起こるかわからない」とコメント。

<プロモーション動画;CL決勝 ユヴェントスvsバルセロナ>


さらに、「ユヴェントスはすでに2冠を獲得している。厳しい戦いになると思うが、3冠を達成できれば、自分にとって素晴らしい花道になるだろう」と述べた。

シャビの最終戦は、大記録が懸かる見逃せない大一番となりそうだ。
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 シャビ・エルナンデス  バルセロナ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング