ティエリ・アンリ氏お気に入りのプレミア6選手はだれ?

配信日:2015/05/08 07:01 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
ティエリ・アンリ氏お気に入りのプレミア6選手はだれ?
プレミアリーグ史に輝かしい足跡を残した1人と言えば、元フランス代表のティエリ・アンリ氏だ。アンリ氏は、アーセナル時代にリーグ無敗優勝やFAカップ連覇の立役者として活躍したほか、数々の個人賞を獲得。その功績から現在もなおアーセナル伝説の選手と呼ばれるアンリ氏が、現役引退後からコメンテーターを務める英国『Sky Sports』で、“プレミアリーグからお気に入り6選手”をピックアップしている。

○ヤニック・ボラジー(MF:クリスタルパレス)
驚いたことにアンリ氏は、現在リーグ11位のクリスタルパレスから2選手をランクインさせている。その1人がフランス生まれのコンゴ代表MFボラジーだ。安定感に欠ける面があるものの、好調時の強烈なパフォーマンスは圧巻だ。

○ウィルフレッド・ザハ(MF:クリスタルパレス)
クリスタルパレスから2人目はMFザハ。活躍の機会をつかむことのできなかったマンチェスター・Uから下部組織時代の古巣へとこの2月に帰還した。

○エデン・アザール(MF:チェルシー)
今期絶好調のアザールは先日、PFA年間最優秀選手賞を受賞。ベルギー代表のアザールは今季プレミアリーグで、通算シュート数87本(チェルシーでトップ)、13得点、8アシストを記録し、チェルシーのリーグ首位快走に大貢献している。

○アレクシス・サンチェス(FW:アーセナル)
プレミアリーグ移籍後初シーズンながら、アーセナルで現役時代にアンリ氏が記録して以来となるシーズン通算20得点超えを果たしているサンチェス。パワフルでエネルギッシュなプレーと決定力でチームナンバーワンの活躍を見せ、移籍金35万ポンド(約61億円)の価値を証明している。

○ダニー・ウェルベック(FW:アーセナル)
ずばぬけたスピードが武器のウェルベックがその力量を見せつけたのは、2月に行われたトッテナムとのノースロンドン・ダービー。ウェルベックが相手DFダニー・ローズを抜き去りおよそ20メートルをドリブル突破すると、このプレーが起点となりメスト・エジルが先制ゴールを決めた。タフなシーズンと評価されているウェルベックだが、従来のセンターポジションから一転、ウィングで確かな成果を上げている。

○ラヒーム・スターリング(FW:リヴァプール)
ここの所、ピッチ上でのパフォーマンスよりもリヴァプールとの契約延長難航が注目されているイングランド代表FWスターリング。今季、負傷者続出のリヴァプールが特にFW陣不足に苦しむ中、多くの場面で個人技での攻撃を強いられながらもスコアラーとしてチームを支えている。

お気に入り6選手についてアンリ氏のコメント:
「クリスタルパレスでのボラジーのプレーを見るのは大好きだ。クリスタルパレスは選手たちに活躍の場を与える素晴らしいクラブ。ボラジーはそれに応え、良い結果を出している。とても好調な彼ら(ザハとボラジー)の姿を見ることができてうれしいよ」

「エデン(アザール)は、相手選手を打ち負かすことに恐れがないんだ。それが彼(アザール)が持つクォリティさ。アザールと同様にサンチェスとウェルベックも相手選手を打ち破ることに自信を持っているよ」

「1対1を攻略できる選手は多くない。だから、リヴァプールでのスターリングの成長ぶりは実に頼もしいよ。1 on 1で引き下がらないところ。それが彼(スターリング)を好きな理由さ」
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 ティエリ・アンリ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング