岡崎慎司がアドバイザー。ドイツリーグ10部の「FCバサラマインツ」とは!?

配信日:2015/06/19 12:30 Written by 久保 友宏
まだ評価がありません
岡崎慎司がアドバイザー。ドイツリーグ10部の「FCバサラマインツ」とは!?
6月6日の日刊スポーツの一面に日本代表の本田圭介がオーストリア3部のチームを買収というニュースがあった。皆さんは知っていただろうか。昨年1年前から自分のサッカークラブを持つサッカー日本代表がいた。

1.FSVマインツ05所属の岡崎慎司選手だ。岡崎慎司のブログ「侍」(http://ameblo.jp/okazaki-shinji/)にもたびたびFCバサラマインツの選手が登場している。今回は、岡崎がドイツで作ったサッカークラブをクローズアップしたい。

FCバサラマインツ設立の中心人物は日本代表の岡崎慎司と山下喬、岡崎嵩弘。3人の出身高校は滝川第二高等学校だ。山下喬、岡崎(嵩)が17回生、岡崎(慎)が19回生として入学。3人は 1年間、サッカー部で汗を流す。
岡崎慎司は2011年からドイツでプレー。山下喬はブンデスリーガの選手になることを夢見て単身ドイツへ渡る。岡崎嵩弘は日本で大学進学後、パラグライへサッカー留学。 3人のサッカーに対する情熱や、日本や海外で学んだことを伝えたい、日本人を応援したいという気持ちが重なり、FCバサラマインツが誕生した。

現在ドイツにはサッカーリーグが全部で11部まである。もちろん、トップリーグはブンデスリーガだ。FCバサラマインツは11部でスタートし、見事にリーグ優勝し、来シーズンは10部のリーグで戦うという。シーズン当初は2人しかいなかった日本人選手だが、シーズン途中続々と集まり、現在は日本人9人が所属している。一昔前はサッカー留学といえば南米だったが、今は欧州が中心という。中でもドイツはサッカー留学する若者がたくさんいるという。ビッククラブへの道は遠いが、目指すはブンデスリーガだ。

FCバサラマインツのチームの運営費はスポンサーがあるという。だが、選手への給料はまだなし。現在、選手はもちろん、スポンサーも募集中だ!気になった方はFCバサラマインツ(http://basara-mainz.com/)のホームページをチェックしてほしい。
この記事を書いたライター: 久保 友宏 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 岡崎慎司  ピッチ外
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング