新潟期待の星・川口尚紀 一年五か月ぶりにU-22代表選出!!

配信日:2015/06/24 09:00 Written by 佐藤 文孝
まだ評価がありません
アルビレックス新潟・川口尚紀が来月行われるU-22コスタリカ代表との親善試合のメンバーに選ばれた。昨年一月のAFCアジア選手権以来、1年5か月ぶりの代表選出である。

新潟県長岡市出身。中学卒業後は新潟ユースに所属し各年代の日本代表を経験しており、2011年のU-17世界選手権では4試合に出場、ベスト8進出に貢献した。

しかしJリーグデビューを果たした2013年、一時レギュラーに定着するもその座は長く続くことはなかった。
得意のドリブルでサイドを抉るシーンをしばしば見せるも、相手デフェンダーとのマッチアップの際、バックパスを繰り返すなど消極的な姿勢が目立ち、柳下監督からは事あるごとに名指しでの批判を受け続けた。

さらにその翌年、J2大分より同じ右サイドバックの松原健を獲得した理由として柳下監督は『川口がパッとしないから松原を獲った』とも話している。

昨年も思うように出場機会を得ることができず、シーズン終盤では左サイドバックで起用されることもあったが、年間で10試合・計450分の出場に留まっている。

今シーズンも開幕戦はスタンドからの観戦となったが、4試合目からスタメンに定着、その後12試合連続でフル出場を果たす。また今季途中、チームの3-5‐2システムへの変更にも対応し、攻撃面だけでなくDF面も安定したパフォーマンスを披露している。

青いユニフォームに久々に袖を通すことになった川口尚紀。彼の最大の魅力である、相手ディフェンスに真っ向から勝負を挑み置き去りにするスピードに乗ったドリブルを如何なく発揮することができれば、代表定着を再び手繰り寄せることになるだろう。
そしてそれが来年行われるリオ五輪最終予選、更には本大会において、日本のストロングポイントの一つになっても決して不思議ではない。

出展元:https://youtu.be/PcWBQjjowso...

この記事を書いたライター: 佐藤 文孝 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 アルビレックス新潟
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング