ノイアーのキーパーグローブ、ドイツサッカーミュージアムに展示へ

配信日:2015/06/25 11:30 Written by 土佐 堅志
まだ評価がありません
ノイアーのキーパーグローブ、ドイツサッカーミュージアムに展示へ
25日、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(29)が昨年ブラジルで行われたワールドカップで使用していたキーパーグローブが現在ドルトムントに建設中のドイツサッカーミュージアムに展示されることが分かった。

ドイツの現地紙『ビルト』によると、ノイアーのキーパーグローブの他に、決勝戦の後の優勝セレモニーでバスティアン・シュバインシュタイガー(30)が身にまとっていたドイツ国旗、キャプテンを務めたフィリップ・ラーム(31)が使用していたキャプテンマークも展示されるという。ミュージアムの館長就任が決まっているマヌエル・ノイキルヒナー(47)
は、「この3つの展示物を受け取った時の気分は、クリスマスプレゼントを貰った時のようだったね。物凄いオーラがあるんだ」とコメントしている。

現在ドルトムントに建設中のドイツサッカーミュージアムは、10月25日にオープンを予定している。日本人観光客の来館に備えて日本語が話せる館内ガイドの募集も行っており、ドイツを訪れた日本のサッカーファンにとっての新たな観光スポットになるかもしれない。
この記事を書いたライター: 土佐 堅志 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 ノイアー  ピッチ外
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング