【コパアメリカ】ブラジル、パラグアイに敗れベスト8止まり・・・。その中心となるネイマールは

配信日:2015/06/29 07:00 Written by plastic_theater
まだ評価がありません
【コパアメリカ】ブラジル、パラグアイに敗れベスト8止まり・・・。その中心となるネイマールは
かつてのストライカー王国に落日が迫っている。

27日に行われたコパ・アメリカ準々決勝において、ブラジル代表はPK戦の末パラグアイ代表に敗れ、ベスト8で姿を消した。

本来中心となるべきネイマールは、先日行われたグループリーグ・コロンビア戦において2枚のイエローカードを出され、4試合の出場停止処分を受けていた。
2枚めのイエローカードは、試合終了直後の非紳士的行為(相手選手にボールを蹴りこんだ)ことによるものだ。

こうしたプレッシャーやストレスは、ブラジル代表の顔として活躍する選手には宿命といえる。
かつてロナウドはW杯決勝直前、極限まで追い詰められ、挙句胃潰瘍にまでなった。
彼はブラジルの漫画に因み、髪型を特異なものにすることでそれをやわらげようとした。

ネイマールのプライベートな醜聞はあまり聞かない。おそらく真面目なタイプなのだろう。
弱冠23歳の若者に対して、ここまでの重責を跳ね除けろ、ということ自体酷かもしれない。
しかし見方を変えれば、こうした重責は彼にしか背負うことのできない、いわば特権なのだ。



この記事を書いたライター: plastic_theater このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング