ケルン、香川同僚獲得も内田同僚は拒否

配信日:2015/07/07 08:06 Written by ST
まだ評価がありません
ケルン、香川同僚獲得も内田同僚は拒否
DORTMUND, GERMANY - AUGUST 11: Milos Jojic poses during the Borussia Dortmund team presentation at Brackel training ground on August 11, 2014 in Dortmund, Germany. (Photo by Christof Koepsel/Bongarts/Getty Images)
ドイツ1部リーグに所属する1.FCはドルトムントからセルビア代表のミロス・ヨイッチを獲得したと発表した。移籍金は約300万ユーロ、契約期間は2019年まで。ドルトムントでは1シーズン半プレーし20試合に出場、4得点を上げている。監督のペーター・シュテーガーは「彼は間違いなく我々の攻撃的なポジションにおいて新たなそしてフレキシブルな役割を果たしてくれるだろう。また、彼のセットプレーにも期待している」とコメントしている。彼の加入で大迫・長澤にとっては強力なライバルとなることに間違いないだろう。

一方、今シーズンからイングランド・プレミアリーグに所属するトッテナム・ホットスパーズに移籍するケヴィン・ヴィマーの後釜にシャルケに所属するブラジル人のフェリペ・サンタナの獲得を予定していたが、メディカルチェックでふくらはぎに筋挫傷が見つかった為に獲得を見送る事を発表している。現在ケルンはドミニク・ハインツ、メルギン・マブライといったDFが怪我でトレーニングに参加できない状況にある中でサンタナには期待をしていたものの獲得を断念、早急に新たなDFを探すことを余儀なくされている状況だ。
この記事を書いたライター: ST このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 ドルトムント  移籍情報
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング