嘘だろおおお!ケルンへの移籍が続いていたDFサンタナの移籍交渉が中止

配信日:2015/07/09 21:28 Written by ガナーズ
まだ評価がありません
嘘だろおおお!ケルンへの移籍が続いていたDFサンタナの移籍交渉が中止
GELSENKIRCHEN, GERMANY - FEBRUARY 21: Felipe Santana of FC Schalke 04 gestures during the Bundesliga match between FC Schalke 04 and FSV Mainz 05 at Veltins-Arena on February 21, 2014 in Gelsenkirchen, Germany. (Photo by Dennis Grombkowski/Bongarts/Getty Images)
 ドイツメディアによると、シャルケからギリシャ1部のオリンピアコスに期限付き移籍し、来シーズンはケルンへの移籍がほぼ確実だとみられていたDFフェリペ・サンタナの移籍交渉が中止になったと報じた。

 サンタナは2013-2014シーズンからドイツ1部のシャルケに所属、今年の1月から6月までギリシャ1部のオリンピアコスに期限付き移籍をしていた。2016年までシャルケとの契約を残すサンタナは、ケルンからのオファーに合意し、さらにシャルケとケルンも移籍金200万ユーロ(約2億7000万円)の条件でクラブ間合意もしており、残すはメディカルチェックのみとなっていた。

 しかし、その後行われたメディカルチェックで筋肉の裂傷が見つかり、移籍交渉が中止となってしまった。選手本人も移籍に前向きだっただけに残念である。
この記事を書いたライター: ガナーズ このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 シャルケ04  移籍情報
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング