アイマールが現役引退へ。手紙でチームメイトに意思を伝える

配信日:2015/07/16 00:30 Written by yohji
まだ評価がありません
 また一人、偉大な選手がそのキャリアを終えることを決意した。リーベル・プレートの元アルゼンチン代表のMFパブロ・アイマールが現役引退を表明した。

 リーベルは14日に行われたコパ・リベルタドーレス準決勝のファーストレグ、グアラニとの試合で2-0で先勝して決勝進出へ前進、しかしこの試合に右足首に負傷抱えていたアイマールはメンバーから外れていた。これにより引退を考えているのではないかと憶測が飛び交った。

 その後、アイマールはチームメイトに宛てた手紙で引退の意思を明らかにしたと複数のメディアが報道し、その内容を伝えている。「チームメイトのみんな、まずはこの数カ月間ぼくによくしてくれたことについて感謝したい。ファンタスティックなメンバーの一員として気持ちよく過ごすことができた。一緒に戦える体の状態になるように全力を尽くしたが、(グアラニ戦の)メンバーには入れないことを伝えられた。」さらにアイマールはこの結果が引退の決断を下したと続けた。「ほかの選手たちの場所を占めたいとは思わない。だから、プロとしてプレーを終える決意をした。外側からチームを応援し続けて、彼らにふさわしいすべての結果が得られることを願っている。みんなに心からの抱擁を!と語った。」

 リーベルの下部組織で育ったアイマールは、1996年にトップチームでデビュー。欧州を渡ってバレンシア、レアル・サラゴサ、ベンフィカで活躍し、アルゼンチン代表としても50試合以上に出場し、今年はじめにはリーベルに復帰を果たす。だが以前から問題を抱えていた右足首を手術し、復帰したもののは、出場は2試合のプレーのみに終わった。「エル・パジャッソ」の愛称で親しまれたこの天才は、メッシやマラドーナからも尊敬され、ファンからも愛されていた。そしてその約20年間のプロサッカー人生に幕を閉じることとなった。

出展元:https://youtu.be/PpHeGP7Vnlw...

この記事を書いたライター: yohji このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 引退  レジェンド
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング