「好きな中華料理は寿司」。ゲッツェの発言が中国で話題に

配信日:2015/07/21 09:00 Written by 土佐 堅志
まだ評価がありません
「好きな中華料理は寿司」。ゲッツェの発言が中国で話題に
MUNICH, GERMANY - MAY 23: Mario Goetze of Muenchen runs looks on during the Bundesliga match between FC Bayern Muenchen and 1. FSV Mainz 05 at the Allianz Arena on May 23, 2015 in Munich, Germany. (Photo by Alexander Hassenstein/Bongarts/Getty Images)
新シーズン開幕前のアジアツアーで中国を訪れているバイエルンミュンヘンだが、マリオ・ゲッツェ(23)が中国の地元メディアのインタビュー中に「好きな中華料理は寿司」と発言したとして中国国内で話題になっている。ドイツの現地紙『ビルト』が伝えている。

記事によると、ゲッツェは北京市内にある滞在先のホテルでインタビューに応じ、その中で「中華料理は好きだよ、特に寿司」と発言したと中国の国営通信社である新華社通信が報道してインターネットを中心に中国国内で話題となった。ビルト紙の取材に対してゲッツェは、「確かにそういう感じの発言はしたよ。でも二箇所ほど大事な部分が抜けているんだ」とし、正確には「中華料理は好きだし、それから特に寿司などの日本食やアジア料理全般もね」という発言内容だったと釈明した。また、ビルト紙はこの件について新華社通信にも取材を申し込んだが、回答はなかったという。

バイエルンは18日からアジアツアーの一環として中国を訪れている。到着の際には約1,000人の中国人ファンが出迎え、中国国内での関心の高さを窺わせたが、そんな中ドイツの期待の新鋭が思わぬ騒動に巻き込まれることになった。
この記事を書いたライター: 土佐 堅志 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 マリオ・ゲッツェ  ピッチ外
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング