インテル長友にガラタサライからオファー、マンチーニ監督は17歳SBを先発起用

配信日:2015/07/25 16:00 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
インテル長友にガラタサライからオファー、マンチーニ監督は17歳SBを先発起用
MILAN, ITALY - MAY 16: Yuto Nagatomo of FC Internazionale Milano in action during the Serie A match between FC Internazionale Milano and Juventus FC at Stadio Giuseppe Meazza on May 16, 2015 in Milan, Italy. (Photo by Marco Luzzani/Getty Images)
伊メディアは現地24日、インテル所属の日本代表DF長友佑都に、ガラタサライからオファーが届いている模様だと報じている。

新シーズンに向け、チーム大改革に向けて今移籍市場で活発な動きを見せているインテルは、ミランとの争奪戦に勝利して今月始めにモナコ所属のフランス代表MFジョフレイ・コンドグビア獲得を発表。続いて、バルセロナから買取りオプション付きのレンタル移籍でDFマルティン・モントーヤの加入が決定し、ここに来て、マンチェスター・Cのモンテネグロ代表FWステヴァン・ヨヴェティッチ獲得が秒読みと伝えられている。
<中国到着時のインテルメンバー>


インテルは現在、プレシーズンマッチのため中国に滞在中で、長友選手をこの遠征に招集されている。しかし、21日に行われたバイエルン戦へ4-3-1-2の布陣で臨んだロベルト・マンチーニ監督は、左SBとして若干17歳のフェデリコ・ディマルコを先発起用。長友選手は69分から途中出場を果たしたが、新チームでは構想外と言わざる得ない状況だ。

さらに補強を進めたいインテルは、ガラタサライからブラジル代表MFフェリペ・メロ獲得を試みており、その交渉に際して長友選手とのトレードが浮上。ガラタサライに所属するオランダ代表MFスナイデルが、インテル時代に長友選手と親しくしていたことから、この移籍を後押しするのではとメデイアは報じている。

<遠征中の練習風景>


長友選手には、ガラタサライの他に元日本代表の三浦知良選手が所属したジェノアやサンプドリアが関心を示していると伝えられている。本人が希望するインテル残留が叶ったとしても、活躍機会は激減する可能性が大きいことから、望まれた場所で新たな経験を積むことが得策かもしれない。
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 長友佑都  移籍情報
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング