リバウド現役復帰のブラジル2部、背番号「3」が2人でレッドカード

配信日:2015/07/30 08:00 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
リバウド現役復帰のブラジル2部、背番号「3」が2人でレッドカード
5 Dec 2001: Portrait of Rivaldo of Barcelona during the UEFA Champions League Second Phase Group B match between Barcelona and Galatasaray at the Nou Camp in Barcelona, Spain. The game ended 2-2. \ Mandatory Credit: Michael Steele /Allsport
今月初め、元ブラジル代表MFリバウドが降格危機を救うため、会長を務める母国2部リーグのモジミリンに43歳で現役復帰を果たしたことをご存じの方も多いはず。だが、クラブを思うリバウドの目の前で、チームにとんでもない事態が発生してしまった。

現地28日にホームで行われたブラガンチーノ戦の後半6分、モジミリンDFパウロンが、チームメートのファビオ・サンチェスと同じ背番号「3」がついたユニフォームを着用していることが発覚。これにより、この日2枚目のイエローカードを受けたパウロンは退場処分となった。モジミリンは、その後、10人で後半のほとんどを戦い同点で粘るが、アディッショナルタイムに逆転弾を許して黒星。最悪の結果となった。



パウロンは、本来の背番号「4」を付けて前半から出場。ハーフタイムにユニファームを着替えたのだが、番号を確認していなかった。この日、試合に出場していなかったリバウドは、ベンチでどんな顔をしていたのだろう・・・。

モジミリンは、リバウドが復帰してから前節まで5戦無敗と好調ムードだっただけに、今回の失態は残念。15試合を終えた現在、20チーム中19位となんとか最下位を回避するに留まっている。
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 珍事  ブラジル
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング