東アジアの頂点を目指す!東アジアカップ2015開幕!!

配信日:2015/08/01 07:30 Written by 佐藤 文孝
まだ評価がありません
東アジアの頂点を目指す!東アジアカップ2015開幕!!
LVIV, UKRAINE - SEPTEMBER 17: Vahid Halilhodzic, head coach of Trabzonspor, trains ahead of the match UEFA Europa League Group L match between Metalist and Trabzonspor, will be play on September 18 at Arena Lviv Stadium, in Lviv, Ukraine, on September 17, 2014. (Photo by Hakan Burak Altunoz/Anadolu Agency/Getty Images)
東アジアカップ2015が8月1日に開幕する。

国際Aマッチデーに当てられていないためヨーロッパ組を欠き、日本をはじめ戦力の見極めの大会と位置づけられてもいるこの大会。しかしながら、勝敗にこだわらず試合を観るのはもったいないだろう。

前回大会、韓国代表との最終戦、後半ロスタイムでの柿谷の決勝ゴールで死闘に決着をつけたシーンは記憶に新しいところだが、柿谷の他にも中国戦でゴールを決めた横浜Fマリノスの斎藤や大会MVPに選ばれたセレッソ大阪の山口蛍の「出世大会」となった。今回もまた若手のJリーガーがアジアを凌駕する姿を観てみたい。ガンバ大阪の宇佐美、名古屋グランパスの川又、そして初のA代表に選ばれた湘南ベルマーレの遠藤航等が大暴れする可能性は大だ。

ヨーロッパのクラブ所属選手がいないのは韓国代表も同じだ。前回、地元開催で日本に敗れ、優勝も逃している韓国は今回こそタイトルを狙ってくる筈だ。

今年1月のアジアカップ準優勝の立役者であるセレッソ大阪のキムジンヒョンの怪我による離脱が発表されたことは非常に残念だが、サガン鳥栖のキム・ミヌやヴィッセル神戸のチョン・ウヨン等Jリーグから五人のプレーヤーが選出されており、大会での活躍が非常に楽しみだ。

日本代表女子・なでしこジャパンはワールドカップ準優勝を果たしたばかりだが、この大会ももちろん優勝候補でもある。カナダの地を踏んだ選手は少なく、世代交代というテーマもあるなでしこにとって難しい大会になるかも知れないが、ぜひとも頂点を目指してもらいたい。

ヨーロッパ組不在とはいえ、真剣勝負であることに変わりは無い。日本代表にとって男子には連覇を、女子はワールドカップ決勝での敗北を払しょくするような勝利を是非とも期待したい。

この記事を書いたライター: 佐藤 文孝 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 東アジア選手権  日本代表
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング