1年後にバイエルン契約満了のペップ、来季マンCが破格オファーか?

配信日:2015/08/03 01:22 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
1年後にバイエルン契約満了のペップ、来季マンCが破格オファーか?
MUNICH, GERMANY - MAY 09: Josep Guardiola, head coach of Munich looks on prior to the Bundesliga match between FC Bayern Muenchen and FC Augsburg at Allianz Arena on May 9, 2015 in Munich, Germany. (Photo by Lennart Preiss/Bongarts/Getty Images)
英紙『サン』は現地1日、2016シーズンでバイエルンとの契約が満了するジョゼップ・グアルディオラ監督に、マンチェスター・Cが来季、破格のオファーをする模様だと報じている。

マンチェスター・Cは、今シーズン限りでマヌエル・ペレグリーニ現監督との契約が終了することから、同じく来シーズンにフリーとなる予定のグアルディオラ監督を後継候補にピックアップ。注目のオファーは、年俸2000万ポンド(約38億7000万円)の5年契約との情報だ。

マンチェスター・Cのフェラン・ソリアーノ最高経営責任者(CEO)とチキ・ベギリスタイン強化部長はバルセロナの元幹部。共にバルセロナの黄金期を作り上げた敏腕経営陣と再びタッグを組めるとなれば、グアルディオラ監督にとって魅力的な誘いであることは確実だ。

グアルディオラ監督はバイエルンとの契約満了後の去就について、「まだ先のことはなにも決めていない。1年は長いからね。契約延長することがバイエルンにとって最善かどうかは分からない。自分はバイエルンにとって悩みの種になるつもりはない」

「決断に至ったらカール・ハインツ・ルンメニゲ会長、ウリ・ヘーネスGMとマティアス・ザマー取締役に話すつもりだ。1年は十分な時間。ビッククラブでは、在任期間は3年だよ」と述べている。

一方でハインツ・ルンメニゲ会長は今年4月、同監督が他クラブへ移る可能性について、「噂は気にならない。(オファーは)グアルディオラ監督のクォリティの証明だ」

「だが例えば、マンチェスター・Cに行くために退団することは想像しがたい。少なくとも2016シーズン終了までは、バイエルンの監督でいるはずだ」とコメントしている。
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 ジョゼップ・グアルディオラ  監督人事
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング