トルコで親善試合のインテル、マンチーニ監督が長友放出を示唆

配信日:2015/08/03 12:48 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
トルコで親善試合のインテル、マンチーニ監督が長友放出を示唆
MILAN, ITALY - JANUARY 12: Wesley Sneijder (L) and Yuto Nagatomo of FC Inter Milan attend the Serie A match between FC Internazionale Milano and Pescara at San Siro Stadium on January 12, 2013 in Milan, Italy. (Photo by Claudio Villa/Getty Images)
日本代表DF長友佑都が、セリエAを去る日が刻々と近づいているようだ。

インテルのロベルト・マンチーニ監督が、遠征先のトルコでインタビューに応え、チームの補強について言及。その中で、DF長友の放出を示唆するコメントをしている。

トルコで親善試合を行うガラタサライのMFフェリペ・メロ獲得を試みていると伝えられるインテル。マンチーニ監督は地元メディア『Trt Sport』に向けて、「メロはインテルで活躍の場をつかむ可能性を持っている。ガラタサライとの契約は有効だが、(移籍が)どうなるかは待つ必要がある」とコメント。

さらに、放出の可能性がある選手について、「登録選手は25人なので、数人の選手を放出せざる得ない。だが、MFガリー・メデルは(放出)リスト外だ。ガラタサライ移籍?それはない。メデルは残留する」と述べる一方で、長友については、「放出する可能性がある」と移籍を示唆する発言をしている。

また、マンチーニ監督は、ここにきてガラタサライ移籍の噂が飛び出したパリ・サンジェルマンFWズラタン・イブラヒモビッチについて、「とても重要な選手。その話は初耳だ。(実現すれば)ガラタサライにとってこれ以上ない補強になるだろうね」と述べた。

この親善試合前後に、親交の深いMFウェスレイ・スナイデルが所属するガラタサライと本格的な交渉を行うのではと報じられていた長友だが、今回の遠征では招集外。マンチーニ監督が名前を挙げたことで、移籍はほぼ確実と見られるが、その行き先が気になるところだ。
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 ガラタサライ  負傷  長友佑都  インテル
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング