長友獲得を断念のジェノア、「インテルと合意に至らなかった」

配信日:2015/08/12 16:00 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
長友獲得を断念のジェノア、「インテルと合意に至らなかった」
SHENZHEN, CHINA - JULY 25: Yuto Nagatomo of FC Internazionale Milano in action during the AC Milan vs FC Internacionale as part of the International Champions Cup 2015 at the looks onnggang Stadium on July 25, 2015 in Shenzhen, China. (Photo by Aitor Alcalde/Getty Images)
移籍情報専門サイト『calciomercato.com』は現地11日、日本代表のインテルDF長友佑都の移籍先候補として浮上していたジェノアが、同選手の獲得を断念した模様だと伝えている。

ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長は『FcInterNews.it』に向けて、「ジェノアが、長友獲得に関心を持っていたことは確かだ。だが、インテルと合意に至らなかった。今は、興味がなく、獲得候補外だ」と長友獲得からの撤退を明言している。

ガラタサライ移籍が有力と報じられていた長友だが、ここに来てトレード移籍と報じられていた元ブラジル代表DFフェリペ・メロと同クラブの契約延長の可能性が浮上しており、移籍先候補から一歩後退の模様。サンプドリアも関心を示している様子だが、170万ユーロ(約2億3000万円)+ボーナスと見られる長友の年俸が資金面で問題となることは確かで、獲得を断念したジェノアも、これが大きな壁になったと見られる。

ジェノアのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は、選手たちからの人望が厚いことで知られる指揮官。また、走力を武器とした全員サッカーで、時に強豪勢をも脅かす魅力的なチーム作りに定評があるだけに、この移籍が実現していれば、長友が活躍できる可能性は大きかったはず・・・。新シーズンどこでプレーすることになるのか、だれよりも長友自身が一刻も早い去就決定を待ち望んでいるはずだ。
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 長友佑都  インテル
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング