モウリーニョの逆鱗に触れた「美しすぎるチームドクター」がベンチ入り禁止処分に

配信日:2015/08/13 07:05 Written by 土佐 堅志
まだ評価がありません
モウリーニョの逆鱗に触れた「美しすぎるチームドクター」がベンチ入り禁止処分に
HULL, ENGLAND - MARCH 22: Diego Costa of Chelsea talks to team doctor Eva Carneiro as he is substituted during the Barclays Premier League match between Hull City and Chelsea at KC Stadium on March 22, 2015 in Hull, England. (Photo by Michael Regan/Getty Images)
12日、チェルシーの「美しすぎるチームドクター」として有名なエヴァ・カルネイロさんがモウリーニョ監督の指示により次節以降のベンチ入り禁止処分を課された。イギリスの現地紙『テレグラフ』など複数のメディアが報じている。

報道によると、日本時間9日に行われたチェルシー対スウォンジーシティ戦でのカルネイロさんの行動が原因だったという。この試合の後半ロスタイムにチェルシーのMFエデン・ハザード(24)が相手選手との接触で転倒。この時、カルネイロさんは他の医療スタッフと共にハザードの治療のためにピッチ内に入り、その後審判に命じられて一旦ハザードを連れてピッチの外に出た。しかしカルネイロさんがピッチに入った際、事前にモウリーニョ監督に許可を得ていたわけではなく、彼女達の独断でピッチに入ったことがモウリーニョ監督の逆鱗に触れたようだ。

後半10分にGKのクルトワが退場処分になっていたことに加えて既に交代枠を使い切ってしまっていたため、ハザードがピッチの外に出たことでチェルシーは試合の終盤に二人少ない状態での戦いを余儀なくされた。このことについてモウリーニョ監督は、「もしも医療スタッフがピッチ内に入るなら、選手に何か問題が起きたという確信がなければならない。ハザードは単に疲れていたから相手選手との接触の後で起き上がらなかっただけで、他に何の問題もないことは私には分かりきっていたんだ」と独断で行動したカルネイロさんの振る舞いを批判し、カルネイロさんに次節以降のベンチ入り禁止処分を課した。また、トレーニングへの参加とチームが宿泊しているホテルへの帯同も禁止されることになったという。

出展元:https://youtu.be/cq0sThI6wVQ...

この記事を書いたライター: 土佐 堅志 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 ジョゼ・モウリーニョ  チェルシー
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング