ブンデスリーグ注目選手 フランクフルト・マインツ・ケルン編

配信日:2015/08/14 11:43 Written by ST
まだ評価がありません
ブンデスリーグ注目選手 フランクフルト・マインツ・ケルン編
FREIBURG GERMANY - JANUARY 25: Stefan Reinartz of Leverkusen reacts during the Bundesliga match between SC Freiburg and Bayer Leverkusen at Mage Solar Stadium on January 25, 2014 in Freiburg, Germany. (Photo by Michael Kienzler/Bongarts/Getty Images)
3回目となるブンデスリーグの各チームの注目選手を紹介する企画、今回は日本人選手が所属する、フランクフルト・マインツ・ケルンを取り上げてみる。

シュテファン・ライナルツ フランクフルト

今シーズンよりフランクフルトでプレーするライナルツは、視野の広さと的確なポジショニングでチーム内に落ち着きを持たせることが出来、その高い能力にアルミン・フェー監督も絶大な信頼を寄せており、守備的MFのポジションとしてレギュラーを獲得した。昨シーズンまで在籍したレバークーゼンでは層の厚い戦力の中でわずか10試合の出場に留まったが、26歳と若いので今シーズンの活躍次第ではドイツ代表も見えてくる選手の一人だ。

クリスティアン・クレメンス マインツ

シャルケからレンタルでプレーした昨シーズンは9試合に出場し1得点と本人も納得いくことの出来ない数字に終わってしまった。しかし、今シーズンは充実した準備期間を過ごすとで、持ち味であるスピードに乗ったドリブルからの突破も数多く見せれるようになり、シュミット監督が目指す攻守に早いサッカーを見事に体現している。また、チーム内でのフリーキックも任されていることから、攻撃の軸として大いに期待されている。

シモン・ツォラー ケルン

キャンプの段階では戦力として見らえておらず放出候補にも名前が挙がっていたが、従来のセンターフォワードからサイドにポジションを変更すると、それが功を奏したのか、高いパフォーマンスを維持できるようになり、ドイツカップでも1得点を上げた。また、課題であった守備面の改善も見られるようになったこともあり、監督の信頼も得て今シーズンは出場時間を増やせそうだ。後は出場時間で結果を残し先発出場を虎視眈々と狙っていく。
この記事を書いたライター: ST このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 ケルン  フランクフルト  マインツ  ブンデスリーガ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング