浦和レッズ・槙野智章という男 

配信日:2015/08/18 19:00 Written by 佐藤 文孝
まだ評価がありません
浦和レッズ・槙野智章という男 
WUHAN, CHINA - AUGUST 09: Tomoaki Makino of Japan stands on the field before the match against China during the EAFF East Asian Cup 2015 final round at the Wuhan Sports Center Stadium on August 9, 2015 in Wuhan, China. (Photo by Kevin Lee/Getty Images)
槙野智章。

浦和レッズサポーターではない人間からすると、プレーヤーとして本当に嫌な選手であることは言うまでもない。
また、言わずと知れた随所で見せる派手なガッツポーズやゴール後のパフォーマンス。そして、ヨーロッパの有名選手を意識していると言われるヘアスタイル。
彼のフィールド上で見せるプレイ以外の表情もいちいち嫌悪感を抱いてしまうのは自分だけではないだろう。

しかしである。

ここ最近、そんな彼の姿を頻繁に目にする機会が多くなっているものの、自分の中にまた違った感情が芽生え始めたことに気付いた。
今季リーグ戦、これまでの24試合全てに先発・フル出場を果たし、さらには今年に入り浦和の赤いユニフォームだけでなく、「青色の背番号5」を纏うことが定着してきている。

日本代表がハリルホジッチ体制に変わってから日の丸を背負いセンターバックの一角を担っていることもその理由の一つだろう。
今年は国際Aマッチ6試合に出場し攻守にわたり、クラブでのプレイと変わらぬエネルギッシュな働きをみせている。やはり日本人である以上、代表戦のフィールドに立つ選手には声援を送らずにはいられない。
たとえ、Jリーグのピッチ上では憎悪の対象であったとしても。

そして、先日。ついに嫌な存在だったはずの彼に対する見方を変えざるを得なくなった。

先の東アジア選手権でも3試合とも全て先発、フル出場した槙野。
その二日後に行われたJリーグ、アウェーでのアルビレックス新潟戦においても強行出場。
フルタイムにわたって新潟の前に立ちはだかり、実に九年ぶりのリーグ戦・対浦和戦勝利を目論んだ新潟サポーターの思いを木っ端みじんに打ち砕いた。

鉄人・槙野智章。
敵にすると憎たらしいほど嫌な選手。

そして、本当に凄い選手だ。


この記事を書いたライター: 佐藤 文孝 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 槙野智章  浦和レッズ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング