「ガード・オブ・オナー」は尊重されるべき

配信日:2015/05/17 21:00 Written by yohji
まだ評価がありません
「ガード・オブ・オナー」は尊重されるべき
プレミアリーグには、リーグ優勝決定直後のゲームで、新王者に対戦相手のチームが敬意を払う伝統がある。それは、対戦相手が選手入場ゲートからピッチまでの間に2列に並び花道をつくり、入場してくるチャンピオンを拍手で迎え入れるのだ。これを「ガード・オブ・オナー(Guard of honour)」と呼んでいる。5月10日に行われたチェルシー対リヴァプールでそれは行われた。
 
 しかし、この素晴らしき伝統をあるタブロイド紙が変わった角度からこの内容の記事を取り上げていた。それは、この行為を行うリヴァプールの隊列は”恥ずべき事態”と評したのだ。この内容に愕然とした。相手への敬意の象徴として行われるこの行為を恥ずべき行為と表現しているのだ。この歴史ある伝統を随分とねじ曲がった形でみているようだ。この見解は間違っている。

 2007年にはチェルシーは真逆の立場でマンチェスター・Uをガード・オブ・オナーを行った。確かに優勝した相手を迎えるのは悔しいことだし、実際に当時のスタンフォードブリッジではチェルシーサポーターのブーイングやチャントも聞こえた。ならば、この伝統は”恥ずべき行為”なのだろうか?

 そんなことはないはずだ。この行為はチャンピオンの健闘を讃える美しい行動なのだ。自分たちが約10カ月かけて戦ったリーグの優勝者に対してなにを恥ずべきことがあるのだろうか。成功者には敬意を払うのはスポーツマンとしてあるべき行動だし、迎え入れたものは来季に向けてその闘志を燃やす儀式でもあるはずだ。穿った角度から見るのではなく、純粋にこの伝統を引き継いでっていってほしい。

 
この記事を書いたライター: yohji このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 プレミアリーグ  ピッチ外
[タグを付ける]

コメント

投稿者: 匿名 (2015/08/18 20:03) [通報]

new balance專賣店




0 0
賛成:0% / 反対:0%

Loading...


投稿者: 匿名 (2015/11/03 11:23) [通報]

網絡星期一


UGG雪靴台灣官網, UGG australia專賣店下殺五折!

UGG雪靴台灣官網, UGG australia專賣店下殺五折! UGG雪靴在台灣哪裡買? UGG台灣官網取得UGG雪靴台灣地區代理權,不必親自前往UGG boots...

出展元:http://uggs.com.tw/...



0 0
賛成:0% / 反対:0%

Loading...


新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング