バルセロナのペドロがマンUから一転、チェルシーに電撃移籍!

配信日:2015/08/22 20:00 Written by 西浦昇
まだ評価がありません
バルセロナのペドロがマンUから一転、チェルシーに電撃移籍!
SEVILLE, SPAIN - NOVEMBER 10: Cesc Fabregas (L) of FC Barcelona celebrates with Pedro Rodriguez after Pedro scoried his team's 2nd goal during the La Liga match between Real Betis Balompie and FC Barcelona at Estadio Benito Villamarin on November 10, 2013 in Seville, Spain. (Photo by Denis Doyle/Getty Images)
ペドロは、昨シーズンはMSNの影に隠れ、ベンチを暖める機会が多く、シーズン終了後に出場機会を求めるコメントを出しており、プレシーズン中からマンチェスター・ユナイテッドへの移籍の噂があったが最終的には、チェルシーを選んだようだ。

元チームメイトでマンチェスター・ユナイテッドのビクトル・バルデス、チェルシーのセスク・ファブレガスと相談した上での決断である事は、容易に想像できる。また、家庭の事情により街としてロンドンを選択した側面もあると報じられている。

バルセロナ時代の2009年には、1シーズンのうちに6つのコンペティション(リーガ、スーペルコパ、国王杯、UEFAスーパーカップ、UEFAチャンピオンズリーグ、FIFAクラブワールドカップ)でゴールを決めた初めての選手となっている。

チェルシーでは、2列目のポジションで起用されると思われる。
中心選手であるアザールはスタメンとして、残り2枠をクアドラード、オスカル、ウィリアン、モーゼス、ラミレスと争う事になると思われるが、得点力では一歩リードしており、バルセロナよりも出場機会が与えられるだろうと見ている。

また、プレシーズンには参加していないが戦術理解能力の高い選手でもあり、スペイン代表でも一緒にプレイするジエゴ・コスタ、アスピリクエタ、セスク・ファブレガスも在籍しているため、チームに馴染むのも早いだろう。
バルセロナでも一緒にプレイしたセスクの方が、モウリーニョ監督以上にペドロの加入を喜んでいるかもしれない。

移籍金は3000万ユーロで、そのうちの300万ユーロが出来高払いとなる。
また、ユース年代にプレイしていたテネリフェのラキ・サン・イシドロというクラブに、そのうち41万ユーロが渡されると報じられている。これは同クラブにとっては、4年間分の予算にあたる大金という事である。
この記事を書いたライター: 西浦昇 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 移籍情報  マンチェスターU  バルセロナ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング