U-22代表、座禅トレーニング サッカー通住職の斬新な助言とは?

配信日:2015/08/26 09:30 Written by plastic_theater
まだ評価がありません
U-22代表、座禅トレーニング サッカー通住職の斬新な助言とは?
The seven rocks and sand are all white for this garden, whereas the right rocks and sand for Dark Rock Garden are dark. Dark and bright rock gardens represent duality, which implies the teaching of Buddhism, similar to the Chinese philosophy of Yin and Yang.Myoshin-ji Temple, Zen temple, is a large temple complex in Kyoto which includes about 50 sub-temples in addition to its main buildings.
サッカー日本代表U-22は、現在京都市内で強化合宿を行っている。合宿3日目となる25日午後には、臨済宗の大本山、妙心寺退蔵院にて精神鍛錬のため座禅を行った。
同寺の松山大耕副住職は、J2京都の解説を務めるなど、大のサッカー通として知られる。また、ローマ教皇との謁見など、禅宗の枠を超えた国際的な活動も行っている。

法話では精神面のトレーニング方法として、宮本武蔵の著書「五輪書」の査読、心で「観る」感覚を養うための「ハンカチ落とし」の導入などを勧めた。
また、守備や攻撃については単調なリズムに終始しているとし、J-POPだけでなくレゲエや外国の民謡など、様々な音楽を聴きリズム感を養うことをアドバイスした。

ツイッターの反応は以下の通り。


















この記事を書いたライター: plastic_theater このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 日本代表
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング