広州富力の爆買いが止まらない。名古屋コーチの喜熨斗氏を招聘へ

配信日:2015/08/28 07:00 Written by plastic_theater
まだ評価がありません
広州富力の爆買いが止まらない。名古屋コーチの喜熨斗氏を招聘へ
TOYOTA, JAPAN - JULY 18: Head coach Dragan Stojkovic of Nagoya Grampus looks on during the match between Nagoya Grampus and Kyoto Sanga at Toyota Stadium on July 18, 2009 in Toyota, Aichi, Japan. Joshua Kennedy of Australia makes a debut as a Nagoya Grampus player (Photo by Junko Kimura/Getty Images)
名古屋グランパスエイトは25日、コーチ喜熨斗 勝史(きのし かつひと)氏との契約解除を発表した。またこれにあわせて、同氏が翌26日より中国・広州富力のコーチに就任することも公表された。

喜熨斗氏のコメントは以下の通り。

「今回、シーズンの途中では有りますが、新たなチャレンジに旅立つことを決意いたしました。7年半の間、グランパスでは、関わった全ての方々から学ばせて頂き、成長させて頂きました。今は、感謝の想いしか感じ得ません。グランパスの今後の躍進と皆さんのご活躍を心からお祈りしています。ありがとうございました。」

広州富力は積極的な補強で知られ、ブラジル人ストライカーのレナトを獲得したことで話題になった。先月22日にはコスミン・コントラ監督を更迭し、後任に元名古屋監督ストイコビッチ氏の就任が報道されたばかりだった。
喜熨斗氏はリーグ中の途中退任となり、格好としてはストイコビッチ氏が引き抜いた形となる。お金に糸目をつけない広州富力の補強はこれからも続くのか。

ツイッターでの反応は以下の通り。














この記事を書いたライター: plastic_theater このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 名古屋グランパス
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング