ブンデスリーグ・第3節注目カード B・ミュンヘン対レヴァークーゼン

配信日:2015/08/29 08:44 Written by ST
まだ評価がありません
ブンデスリーグ・第3節注目カード B・ミュンヘン対レヴァークーゼン
MUNICH, GERMANY - DECEMBER 06: Robert Lewandowski of Bayern Muenchen is tackled by Emir Spahic of Bayer Leverkusen during the Bundesliga match between FC Bayern Muenchen and Bayer 04 Leverkusen at the Allianz Arena on December 6, 2014 in Munich, Germany. (Photo by Matthias Hangst/Bongarts/Getty Images)
29日の18時30分(日本時間の30日深夜1時30分)にB・ミュンヘンがホームにレバークーゼンを迎える。両チームとも開幕2連勝と好スタート切った中での戦いは、好ゲームになること間違いなしだろう。

開幕戦の圧勝から一転、前節は終了間際に勝ち越しゴールを上げ辛くも勝ち点3を獲得したバイエルンは、ベナティアが怪我、ボアテンクは出場停止、ハビ・マルティネスやバートシュトゥーバはコンディション調整中とDF陣に問題を抱えている。一方の攻撃陣は、2節連続でドイツサッカー誌「キッカー」が選ぶベストイレブンに選出されたドグラス・コスタを中心に7得点と好調を維持、ホームの大観衆の応援も大いに力になってくれるだろう。

一方のレヴァークーゼンは、攻撃の主軸だったソン・フンミンがイングランド・プレミアリーグのトッテナムに電撃移籍した事に素早く対応し、ドルトムントからケビン・カンプルを獲得。カンプルは1997年から2000年までレヴァークーゼンのアカデミーでプレーしていたこともあり、今回は古巣に復帰した形だ。また、レッドブル・ザルツブルク時代にロジャー・シュミット監督の秘蔵っ子だった事もあり、ドイツで再び師弟コンビが復活した。ドルトムントでは定位置を獲得出来なかったのが、スピードのあるドリブルは相手にとって大きな脅威になる。

両チームとも攻撃的なサッカーを標榜しているので、点の取り合いになる可能性は十分、試合開始から目が離せない展開になりそうだ。


予想スタメンは以下の通り

B・ミュンヘン 3-2-3-1

GK ノイヤー

DF ラフィーニャ・シャビ・アロンソ・アラバ
MF チアゴ・ラーム・ロッベン・ミュラー・コスタ
FW レバンドフスキ


レヴァークーゼン 4-4-2

GK レノ

DF ヒルベルト・パパドプロス・ター・ウェンデル
MF クラマー・ベンダー・ベララビ・カルハノグル
FW キースリンク・メーメディ
この記事を書いたライター: ST このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 レバークーゼン  バイエルンミュンヘン  ブンデスリーガ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング