これぞ夢を与えるJリーガー!大宮アルディージャの加藤順大

配信日:2015/08/30 00:00 Written by 久保 友宏
まだ評価がありません
J2の首位を独走している大宮アルディージャ。今年からゴールマウスを守っているのが加藤順大だ。加藤は同じ市内にある浦和レッドダイヤモンドから移籍してきた選手。サポーターへの入団会見では「浦和から禁断の移籍をしてきました加藤です」と笑いを誘った。

浦和レッズ時代は選手として恵まれていなかった。トップ昇格9年目で初めてスタメンでJの舞台へと立った。偶然にも対戦相手は大宮アルディージャ、スタジアムはナックファイブスタジアムだった。

首位大宮の躍進を支えている選手の一人である。勇猛果敢なセービング、質の高いビルドアップや超ロングスロー、正確無比なキックなど、J1クオリティーである。大宮の応援テレビ番組「オーレ!アルディージャ」では前半戦のMVPにも選ばれていた。

加藤の人間性を垣間見た瞬間が先日合った。8月23日に行われたザスパクサツ群馬戦で、試合終盤のゴールキックの時、正確なフィードを得意とする加藤が素早く蹴り出しカウンターを狙おうとする。しかし、ボールボーイの中学生はその意図が分からずもたもたしていた。ボールがなかなか出てこないことに怒号をあげてしまう加藤。だが、試合終了のホイッスルと同時に、ボールボーイに向かって駆け寄り、謝罪の言葉をかけていた。

この日の大宮の試合は決して満足のいく内容ではなかった。いらだちも多かったと思うが、メンタルに定評のある加藤。気持ちをさっと切り替えたのだろう。加藤にとっては当たり前のことかもしれないが、こういったことをとっさにできる選手は少ないと思う。声をかけられた中学生はきっと加藤のファンになったに違いない。

ちなみに加藤順大はInstagram(インスタントグラム)を行っており、こまめに更新している。その中でおしゃめな一面を見ることができるこちらもぜひチェックしてもらいたい。

出展元:https://youtu.be/860J9mhJjT8...

この記事を書いたライター: 久保 友宏 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 大宮アルディージャ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング