日本代表コンビ誕生か?移籍情報が錯綜中の長友に岡崎所属のレスターがオファー

配信日:2015/09/01 19:30 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
日本代表コンビ誕生か?移籍情報が錯綜中の長友に岡崎所属のレスターがオファー
RECIFE, BRAZIL - JUNE 19: Shinji Okazaki of Japan celebrates scoring his team's third goal with team-mate Yuto Nagatomo (L) to make the score 3-3 during the FIFA Confederations Cup Brazil 2013 Group A match between Italy and Japan at Arena Pernambuco on June 19, 2013 in Recife, Brazil. (Photo by Friedemann Vogel - FIFA/FIFA via Getty Images)
伊メディア『スカイ・スポーツ』が現地29日、インテルの日本代表DF長友佑都に、同代表のFW岡崎慎司を今夏獲得したレスターからオファーが届いている模様だと伝えている。

インテルがチーム改革に乗り出したことで、移籍が濃厚とささやかれる長友。これまで、ガラタサライ、サンプドリアなどが移籍先候補と目されていたが、大きな進展はないまま、メディカルチェック間近と思われたジェノアもクラブ間合意に至らず破談。移籍市場最終日が近づくなか、今週にはインテル残留の可能性も持ち上がっていた。

同メディアは、系列の英国『スカイ・スポーツ』の速報を報道。長友獲得のため、レスターは移籍金300万ポンド(約5億6000万円)を提示しており、合意に向けインテルとクラブ間交渉を行っている模様だと報道した。今季からレスターの新指揮官に就任したイタリア出身のラニエリ監督は、2011-12シーズンに数カ月間ながらインテル監督を務めており長友とは旧知の仲。さらにイタリア語が堪能な長友とのコミュニケーションに問題がないことから理想的な移籍先と考えられている。

同30日には、ラニエリ監督が長友獲得に関して否定したと一部で伝えられるなか、週休5万ポンド(約900万円)の3年契約で合意済みとの情報も飛び出している。

情報錯綜が続く長友の去就だが移籍市場は残りわずか2日。日本のファンは、日本代表コンビの誕生を期待していることだろう。
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 長友佑都  レスター・シティ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング