乾貴士、戦いの舞台はスペインへ!日本人、リーガ挑戦の記憶

配信日:2015/09/06 10:58 Written by 佐藤 文孝
まだ評価がありません
乾貴士、戦いの舞台はスペインへ!日本人、リーガ挑戦の記憶
FRANKFURT AM MAIN, GERMANY - JULY 15: Takashi Inui poses during the Eintracht Frankfurt team presentation on July 15, 2015 in Frankfurt am Main, Germany. (Photo by Daniel Kopatsch/Bongarts/Getty Images)
先日、ドイツブンデスリーガ・フランクフルトに所属していた乾貴士のスペイン・エイバル移籍が発表された。
今年の夏、セレッソ大阪から長谷川アーリアジャスールがレアル・サラゴサへ移籍し、開幕戦でリーガデビューを飾りフル出場を果たばかりだが、過去にも多くの日本人選手がスペインの地に渡っている。

2000年、元日本代表FWの城彰二が日本人初となるスペインリーグへ移籍、エスパニョールでほぼレギュラーとして出場を重ねた。15試合2得点の成績を残し、翌シーズンもレンタル延長を望んだが負傷もあり1シーズン限りで日本へ復帰している。
イタリアセリエA・レッジーナで3シーズンを戦い、スコットランドでは名門セルティックのリーグ連覇に貢献しMVPやベストイレブンにも選ばれた中村俊輔。スペインでの活躍も期待されたがエスパニョールでは13試合の出場に止まっている。
アテネオリンピックでレギュラーとしての活躍が認められマジョルカへ移籍した大久保嘉人は2シーズンで39試合5得点を挙げクラブの1部残留に貢献するも完全移籍にまでは至らなかった。
大宮アルディージャの家長昭博はマジョルカで2シーズンを戦い、その後韓国の現代、ガンバ大阪を経て2013/14シーズンに再びマジョルカに復帰、7試合に出場している。
アルビレックス新潟の指宿洋史は日本でのプロ経験がないまま若くしてスペインに渡り、2・3部相当のチームでの戦いを続け、2012年1月、セビージャで一試合ではあるがトップチームでの出場を果たした。

他にも多くの日本人が挑戦してきたリーガ・エスパニョーラ。ここで戦うことが念願だったという乾貴士がスペインの地でどんなプレイを見せてくれるか。
活躍を願わずにはいられない。
この記事を書いたライター: 佐藤 文孝 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 乾貴士  リーガ・エスパニョーラ  ブンデスリーガ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング