連日の移籍報道から一転、長友のインテル残留が決定

配信日:2015/09/04 12:03 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
連日の移籍報道から一転、長友のインテル残留が決定
MILAN, ITALY - MAY 16: Yuto Nagatomo of FC Internazionale Milano before the Serie A match between FC Internazionale Milano and Juventus FC at Stadio Giuseppe Meazza on May 16, 2015 in Milan, Italy. (Photo by Marco Luzzani/Getty Images)
現地8月31日に最終日を迎えたセリエAの移籍市場で、日本代表DF長友佑都のインテル残留が決定したと伊メディア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

今移籍市場が幕を開けると同時に、移籍が確実と報じられていた長友は、トルコのガラタサライに始まりポルトガルのベンフィカやセリエAのジェノア、サンプドリアの複数クラブが獲得に関心を示していた。特にジェノアは、メディカルチェック目前とまで伝えられていたが、金額面でクラブ間の同意に至らず撤退。史上閉幕を前に、日本代表FW岡崎慎司が所属するプレミアリーグのレスターやリーガ・エスパニョーラのレバンテが移籍先に浮上していた。

しかし、同メディアの移籍担当記者は、最終日の交渉会場から生中継で長友のインテル残留を確認と報道。一転二転した去就問題にようやく決着がついた。

それでも、長友を取り巻くインテルの環境は決して穏やかではない。現在、ロベルト・マンチーニ監督の構想で先発外の長友。途中出場を果たした昇格組カルピとの今節で、失点を招いたパフォーマンスに、同監督からは、「不注意だった」と厳しい言葉が飛び出したばかり。

ロシアW杯アジア2次予選に向けて、代表合宿に合流するためしばらくチームを離れることがマイナスであることは確か。しかし、移籍報道の騒がしさから解放された今、日本代表戦で結果を残し、勢いをつけてイタリアでのポジション争いに挑んでくれることを期待したい。
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 長友佑都  インテル
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング