リベリー、いまだ復帰のめど立たず

配信日:2015/09/06 21:40 Written by 土佐 堅志
まだ評価がありません
リベリー、いまだ復帰のめど立たず
DOHA, QATAR - JANUARY 11: Franck Ribery attends a press conference during day 3 of the Bayern Muenchen training camp at ASPIRE Academy for Sports Excellence on January 11, 2015 in Doha, Qatar. (Photo by Alex Grimm/Bongarts/Getty Images)
2日、バイエルンミュンヘンの取締役であるマティアス・ザマー(47)がドイツの現地紙『ビルト』の取材に応じ、今年3月に負傷して以来戦列を離れている元フランス代表MFフランク・リベリー(32)について、怪我の回復は順調であるものの復帰時期はいまだ未定であると語った。

ザマーはリベリーの現状について、「彼の件について少しだけ物事が良い方向に進んでいることは事実だよ。我々は一緒に問題解決に向けて取り組んでいて、彼の復帰時期についてはまだ分からないけれど、でもそれほど悲観的になる必要はないと思うよ」と語り、復帰に向けて着実に回復していることを強調した。さらに、「もしもピッチに立ってプレー出来るのであればフランクは幸せなはずだけど、それは残念ながら今は無理だ。でも彼はカムバックのために今出来ることを全てやっている。だから我々も彼のためにしてあげられることを全てやって彼を支えていくつもりだ」ともコメントし、リベリーが復帰を果たすまでクラブ全体で支援していく意向であることも表明した。

リベリーは今年3月に行われた欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の対シャフタール・ドネツク戦で負傷。チームドクターから右足首の捻挫で4日間の休養が必要との診断を受けた。しかしその後負傷箇所付近で骨膜炎を発症し、その症状が一向に改善しないまま現在に至っている。
この記事を書いたライター: 土佐 堅志 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 ブンデスリーガ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング