な、なんだって!?イタリア2部リーグで、まさかの「グリーンカード」を導入。フェアプレー精神を推進へ

配信日:2015/09/07 10:37 Written by ガナーズ
まだ評価がありません
な、なんだって!?イタリア2部リーグで、まさかの「グリーンカード」を導入。フェアプレー精神を推進へ
referee while showing yellow card in isolated white background
 イタリアメディアによると、6日に開幕する予定のセリエB(イタリア2部)で、グリーンカードを導入することになったようだ。これにより主審は、イエローカード、レッドカードに加えて3つ目のカードを扱うことになる。

 グリーンカードとは、フェアプレーを行った選手に対して提示されるカードのことで、日本でもU-12以下の大会で使用されている。例えば、ファールを犯したことを認めたり、シミュレーションであったことを認めたり、負傷した相手選手を気遣ってプレーを止めたりといった場合に審判が提示することになっている。

 現時点では、グリーンカードが提示されることで受ける利点は特にない。しかし、選手自身のフェアプレー精神を高める上では有効なのかもしれない。果たして、実際にプロの試合で使用されると、どのような効果が期待できるのだろうか。
この記事を書いたライター: ガナーズ このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 セリエA
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング