ピッチ上の全員がPKキッカー!ナビスコ杯、ガンバ大阪がPK戦の末に名古屋グランパスを下し準決勝進出

配信日:2015/09/08 22:12 Written by ガナーズ
まだ評価がありません
ピッチ上の全員がPKキッカー!ナビスコ杯、ガンバ大阪がPK戦の末に名古屋グランパスを下し準決勝進出
SAO PAULO, BRAZIL - JUNE 08: Yasuhito Endo of Japan poses during the official Fifa World Cup 2014 portrait session on June 8, 2014 in Sao Paulo, Brazil. (Photo by Jeff Mitchell - FIFA/FIFA via Getty Images)
 ヤマナキナビスコ杯準々決勝第2戦が6日に各地で行われ、ガンバ大阪はPK戦の末に勝利した。これにより、準決勝進出を決めている。PK戦までもつれこんだ試合は壮絶な戦いとなった。

 開始早々の前半7分に名古屋の野田が先制点を奪うが、ガンバ大阪は前半41分に同点に追いつく。90分が終了しても1−1のまま終了した試合は延長戦へ。スタミナが落ちていたガンバ大阪はおされる展開が続いたが、先に得点を奪ったのはガンバ大阪だった。延長前半4分に岩下が勝ち越しゴールを奪い2−1とリードする。しかし、延長前半終了間際に名古屋の闘莉王が同点に追いつき、再び振り出しに。

 延長後半もスコアは動くことはなく、勝負はPK戦にもつれこんだ。お互いに1人ずつ外したあと、11人目のキッカーはGK対決となった。先行は名古屋のGK高木、だが無情にもボールはゴール外に飛ばされる。反対にガンバ大阪はGK藤ケ谷がきっちりと決めて試合は終了。

 トータル210分を超える長丁場の試合はガンバ大阪の勝利で終えた。大雨が降りしきる中の試合だったため、お互いにやりずらいコンディションだったが、とても白熱した試合となった。準決勝はガンバ大阪にとって厳しい日程となるが、名古屋の分まで決勝進出を目指したいところである。

出展元:https://youtu.be/wO1TKPiFEv0...

この記事を書いたライター: ガナーズ このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 PK  ガンバ大阪  アルビレックス新潟
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング