ドログバここにあり!MLS初先発でいきなりのハットトリック

配信日:2015/09/08 22:32 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
ドログバここにあり!MLS初先発でいきなりのハットトリック
MUNICH, GERMANY - MAY 19: Didier Drogba of Chelsea celebrates after scoring his team’s first goal during UEFA Champions League Final between FC Bayern Muenchen and Chelsea at the Fussball Arena München on May 19, 2012 in Munich, Germany. (Photo by Laurence Griffiths/Getty Images)
今夏の移籍市場で、チェルシーからMLS(米国メジャーリーグサッカー)のモントリオール・インパクトへ移籍したFWディディエ・ドログバが、現地5日に行われたシカゴ・ファイアー戦で初先発を飾ると同時に、初得点を含むハットトリックを達成した。ドログバの活躍でモントリオール・インパクトは、4-3で勝利を収めている。

まずは27分、ドログバは左サイドからのクロスを絶妙なコントロールで足元に捕らえるとDFを背負いながら反転。右足でMLS初得点となる豪快な先制ゴールを決めた。その後、試合は乱打戦に突入。両チームが交互に点を取り合い2-2で前半を終えるが、モントリオール・インパクトは後半に入った59分に失点し、リードを許してしまう。

しかし、そのわずか2分後、味方の素早いリスタートに反応したドログバが、ドリブルでペナルティエリアに侵入すると今度は左足の強烈なフィニッシュで同点弾。ドログバは続く65分、ボレーシュートをGKに弾かれるも自らこぼれ球を頭で叩き込み、初先発でいきなりハットトリックを達成。欧州でも獲得に関心を寄せるクラブが数あるなか、ドログバは自身が新天地に選んだ米国で、十分に足りる存在感を示した。

<モントリオール・インパクトvsシカゴ・ファイアー:ゴールハイライト >


この勝利で、モントリオール・インパクトはイースタン・カンファレンスの6位に浮上。敗れたシカゴ・ファイヤーは最下位となる10位に転落した。また、フランク・ランパードとアンドレア・ピルロを擁するN.Y.シティも同カンファレンスで9位と苦戦が続いている。
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 メジャーリーグサッカー  チェルシー
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング