ルーニーが歴代最多得点のイングランドが全勝で一番乗り、チェコ、アイスランドとオーストリアも本戦へ【ユーロ2016予選】

配信日:2015/09/11 12:00 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
ルーニーが歴代最多得点のイングランドが全勝で一番乗り、チェコ、アイスランドとオーストリアも本戦へ【ユーロ2016予選】
LJUBLJANA, SLOVENIA - JUNE 14: Wayne Rooney of England celebrates scoring their third goal and victory in the UEFA EURO 2016 Qualifier between Slovenia and England on at the Stozice Arena on June 14, 2015 in Ljubljana, Slovenia. (Photo by Michael Regan - The FA/The FA via Getty Images)
現地3日から8日の6日間にわたりユーロ2016予選が行われ、4チームの予選突破が確定した。

早くも一番乗りで本戦出場を決めたのは、予選8戦全勝のE組イングランド。主将ウェイン・ルーニーは、5日に行われたサンマリノ戦で2得点を挙げて、ボビー・チャールトン氏の代表最多記録49ゴールに並ぶとさらに、出場107試合目となった8日のスイス戦でもPKを決めてこの記録を50ゴールに更新。イングランド代表歴代最多得点を樹立する快挙を果たした。サンマリノ戦で、すでに予選突破一番乗りを決めていた同代表は、連勝を延ばしてルーニーの偉業に花を添えた。

A組は、今大会で快進撃を見せているアイスランドが、6日のカザフスタン戦を引き分けて、ラトビアに2-1で勝利したチェコと共に勝ち点「19」を獲得して本戦出場が決定。アイスランドは、史上初の本戦出場を叶えた。その一方で、オランダは8試合を終えて3勝4敗1分けで勝ち点「10」。勝ち点差「2」でトルコにプレイオフ進出圏内の3位を譲り、現在4位と予選敗退の危機に直面している。

他に好調なオーストリアが、予選ここまで6勝2引き分けの無敗を守り、本戦への切符を手にしている。

熾烈な戦いが予想される予選最終2試合は、現地10月8日から13日にかけて行われる。

本大会へは、各グループ上位2チームと3位で最も成績が良かったチーム(計19チーム)に加え、他の3位8チームによるプレーオフで4チームに出場資格が与えられる。これら23チームと開催国枠を持つフランスを含む計24チームが、欧州時間2016年6月10日に開幕する本大会を戦う。

○予選順位(9月8日現在)

グループA
アイスランド(本戦進出)
チェコ(本戦進出)
オランダ
トルコ
ラトビア

グループB
ウェールズ
ベルギー
イスラエル
ボスニア・ヘルツェコビナ
キプロス
アンドラ

グループC
スペイン
スロバキア
ウクライナ
ベラルーシ
ルクセンブルク
マケドニア

グループD
ドイツ
ポーランド
アイルランド
スコットランド
ジョージア
ジブラルタル

グループE
イングランド(本戦進出)
スイス
エストニア
スロベニア
リトアニア
サンマリノ

グループF
北アイルランド
ルーマニア
ハンガリー
フィンランド
フェロー諸島
ギリシャ

グループG
オーストリア(本戦進出)
スウェーデン
ロシア
モンテネグロ
リヒテンシュタイン
モルドバ

グループH
イタリア
ノルウェー
クロアチア
ブルガリア
アゼルバイジャン
マルタ

グループI
ポルトガル
デンマーク
アルバニア
セルビア
アルメニア






この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 ユーロ  イングランド  ウェイン・ルーニー
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング