不振が続くモウリーニョ監督、「自分にふさわしくない結果」

配信日:2015/09/14 10:00 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
不振が続くモウリーニョ監督、「自分にふさわしくない結果」
LIVERPOOL, ENGLAND - SEPTEMBER 12: Jose Mourinho, manager of Chelsea looks on during the Barclays Premier League match between Everton and Chelsea at Goodison Park on September 12, 2015 in Liverpool, United Kingdom. (Photo by Alex Livesey/Getty Images)
現地12日に行われたプレミアリーグ第5節で、昨季覇者のチェルシーは、スティーヴン・ネイスミスのハットトリックを決められてエヴァートンに3-1で敗れた。前節のクリスタル・パレス戦に続き2連敗を記録し、5試合を終えて1勝3敗1分けと不振が続くモウリーニョ監督を、エヴァートンサポーターが“明日にも解任”とチャントで揶揄する事態に。しかし、モウリーニョ監督は苦境に立ちながらも、自身の手腕を疑う余地はないようだ。

英紙『BBC』がは、完敗したエヴァートン戦後のモウリーニョ監督のインタビューを掲載。モウリーニョ監督は、「今季ここまでは、私のキャリアで最悪の結果だ。これは、私が持つクォリティー、成績に見合うものではない。だが、状況に上手く対応している。プレッシャーは感じていない」とコメント。加えて、「私以上にチェルシーの監督にふさわしい人物はいない」とコメント。元気のない表情とは対照的な強気な発言が飛び出した。

<エヴァートンvsチェルシー(3-1):ゴールハイライト>


現在メディアでコメンテーターを務める元イングランド代表FWクリス・サットン氏は、「チェルシーの状況は、さらに後退している。(モウリーニョ監督は、)チェルシー監督就任以来初めての重圧に直面している」と述べている。

モウリーニョ監督は一方で、リーグ連覇へ不安について、「(タイトル獲得は)、コントロールできるものではない。チェルシーが良い結果を重ねて行くことと我々より上位にいるチームの黒星にかかっている。仮に我々が次戦からシーズン閉幕までの全試合で勝利したとしても、他のチームの成績次第になるだろう。だが、チェルシーが来年のチャンピオンズリーグ(CL)出場を逃す可能性は大きい」と珍しく弱気な一面も・・・。しかし、「大勢の人たちが、久しぶりにこのような状況に私が置かれているのを見て、喜んでいることだろう」と続け、苦境の中でもモウリーニョ節は健在のようだ。

日本時間17日に行われるCLのグループステージ第一節で、マッカビ・テルアビブと対戦するチェルシー。モウリーニョ監督は、「毎日を楽しみ、ハードワークを繰り返す。いつも通り、水曜日(17日)の試合でも勝利できると考えている」と語り、この一戦が復調への絶好の機会になると確信しているようだ。

チェルシーはプレミアリーグ今季2勝目を目指し、次節で宿敵アーセナルと対戦する。
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 ジョゼ・モウリーニョ  チェルシー
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング