PSV戦で大怪我のマンUショー、長期離脱も気丈に「強くなって帰ってくる」

配信日:2015/09/20 17:59 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
PSV戦で大怪我のマンUショー、長期離脱も気丈に「強くなって帰ってくる」
EINDHOVEN, NETHERLANDS - SEPTEMBER 15: Luke Shaw of Manchester United leaves the field on a stretcher during the UEFA Champions League Group B match between PSV Eindhoven and Manchester United at PSV Stadion on September 15, 2015 in Eindhoven, Netherlands. (Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)

マンチェスター・Uは、現地15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL) グループリーグ(B組)の第1節でPSVアイントホーフェンと対戦し、2-1で敗れた。

主力FWウェイン・ルーニーが負傷で不在のマンチェスター・Uは、CL復帰初戦となったこの試合前半41分にFWメンフィス・デパイの先制弾でリードを奪う。しかし、ハーフタイム直前に同点に追いつかれて迎えた後半、57分に逆転弾を許して黒星。しかし、マンチェスター・Uに敗戦以上の打撃を与えたのは、前半15分に起きたアクシデントだった。

左サイドからスピードに乗ってペナルティエリアへ侵入したDFルーク・ショーは、これを阻止しようとしたDFエクトル・モレノのタックルを受けてピッチに倒れ込んだ。痛みに顔をゆがめるショーの右足がTV画面に映し出された瞬間、それが深刻な負傷であることは明白だった。

マンチェスター・Uは、ショーの怪我は、右足の腓骨と頸骨を重複骨折する重傷で、試合の開催地オランダに留まり同国内の医療機関ですでに手術を受けたことを、すでにクラブ公式HP発表。復帰には最短でも4~6カ月が必要となる見込みだ。

ショッキングな怪我を負ったショーは自身のツィッターで、ファンを始めサッカー界から届いた多くの激励メッセージに感謝の言葉と気丈にも復帰への意気込みを述べている。

ショー:「メッセージをくれた皆さん、ありがとう。言葉では説明できないほど打ちのめされているよ。今、復帰への道のりがスタートしたんだ。さらに強くなって戻ってくるよ」



今季、好調な出足を見せていたショーの怪我は、本人はもちろんマンチェスターUファンも肩を落としているに違いない。さらに、ユーロ2016でも直近2試合連続出場と活躍していたショーの不在は、イングランド代表にとっても大打撃となるはず。まだ20歳と若いショーの1日も早い復帰を願うばかりだ。
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 負傷
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング