サッカー史上最高の選手の一人。王様・ペレを知らずしてサッカーは語れない!

配信日:2015/09/22 07:38 Written by 久保 友宏
まだ評価がありません
サッカー史上最高の選手の一人。王様・ペレを知らずしてサッカーは語れない!
LIVERPOOL, ENGLAND - MARCH 22: (THE SUN OUT, THE SUN ON SUNDAY OUT) Pele comes onto the pitch at half time of the Barclays Premier League match between Liverpool and Manchester Untied at Anfield on March 22, 2015 in Liverpool, England. (Photo by John Powell/Liverpool FC via Getty Images)
「W杯」「サッカー」の歴史を語るときに決して通り過ぎることができないレジェンド選手がいる。日本ではED薬の啓発大使でもあったあの人物。そう、ブラジル代表のペレだ。サッカーの王様と多くの人が呼んだが、なぜに王様なのか分からない人が多いと思う。そこでペレの軌跡を簡単にたどってみたい。

1940年生まれのペレ(本名はエドソン・アランテス・ド・ナシメント)は1958年のスウェーデン大会の時に初めて出場。年齢は17歳だった。ペレは15歳でプロデビューし、16歳でブラジル代表に選出されている。100mを10秒8で走り抜ける走力と卓越したボールテクニックが彼の武器だった。

世界にペレの名を知らしめたのはスウェーデン大会だった。いまいち本調子のでないFW陣に代わり、フェオラ監督がグループ最終戦で17歳のペレを大胆起用。その後、劇的なゴールを次々と決めていく。特に準々決勝のウェールズ戦での決勝ゴールは世界中を震撼させた。準決勝のフランス戦ではハットトリックを達成。決勝戦でも見事ヘディングゴールを決め、ブラジルを初優勝へと導いた。サッカー王国ブラジル、ペレの伝説はここから始まったのだった。

ペレの輝きを語るには1970年のメキシコ大会も重要だ。10代の頃のようなスピードはなかったが、独創的なプレーの連続で世界中のサッカーファンを魅了した。チェコスロバキア戦の60mの距離からゴールを決めたシーンはペレ伝説の一つだ。ブラジルはこの大会で3度目の優勝を記録し、ジュール・リメ杯の永劫所有権を獲得した。

ペレの現役の最後はアメリカのニューヨーク・コスモでプレー、アメリカにサッカー熱を吹き込んだ。引退後は、ブラジルのスポーツ大臣やニューヨーク・コスモの会長に就任している。

「20世紀最高のサッカー選手」と評されるペレのプレーはサッカーファンならばぜひ一度見てもらいたい。映像は古いが、ボールを止める技術、シュートの正確性、ポジショニングなど、超一流のプレーだ。
この記事を書いたライター: 久保 友宏 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 ペレ  レジェンド
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング