バルセロナに暗雲、メッシが左膝の負傷で2ヶ月離脱、クラシコも厳しいか?

配信日:2015/09/28 10:01 Written by 西浦昇
まだ評価がありません
バルセロナに暗雲、メッシが左膝の負傷で2ヶ月離脱、クラシコも厳しいか?
BARCELONA, SPAIN - SEPTEMBER 26: Lionel Messi of FC Barcelona lays injured during the La Liga match between FC Barcelona and UD Las Palmas at Camp Nou on September 26, 2015 in Barcelona, Spain. (Photo by Alex Caparros/Getty Images)
9月26日のラスパルマス戦での前半8分バルセロナのメッシがシュートした所で相手ディフェンスと左膝が接触し、ピッチに倒れこんだ。
ボールを出した後にプレイを続行しようとしたメッシだが、結局は負傷のためプレイが難しいとの判断でムニルと交代してピッチを後にした。
病院での検査によるとメッシは左膝の内部副靱帯を負傷し、7~8週間の離脱する見込みと見られている。
病院での検査後は自らの足で歩いており、日常生活には支障ないようだ。

およそ2ヶ月間の離脱となるが、その間には、リーグ戦が5試合、CLが4試合を控えている。
リーグ戦は10/4のセビージャ戦を皮切りに、10/18にラージョ・バジェカーノ、10/25に乾も所属するエイバル、11/8に好調のビジャレアル、11/21にライバルであるレアル・マドリーとの試合を控えている。
CLは9/29にホームでレヴァークーゼン戦、10/20と11/4とBATEボリソフとの連戦、11/24にホームでのローマ戦となっている。

レアル・マドリーとの一戦は世界中も注目するクラシコであるが、主演の一人であるメッシの不在は両チームのファンならずとも残念だろう。

なお、ラス・パルマス戦はスアレスの2ゴールでバルセロナが勝利している。
バルセロナはラフィーニャがナインゴランの悪質なタックルにより長期離脱、その他にも主力選手のアルバ、ブラボなど負傷者が続出しており、メンバーが固定されていない今期は、昨シーズンのような強さを発揮できていない。
ここに来て中心選手メッシの不在には、ルイス・エンリケ監督も頭の痛いところだ。
この記事を書いたライター: 西浦昇 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 リオネル・メッシ  負傷
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング