セレッソ大阪 キンチョウスタジアム改修計画を発表

配信日:2015/09/30 18:30 Written by 中山 亮
まだ評価がありません
セレッソ大阪 キンチョウスタジアム改修計画を発表
セレッソ大阪は2015年9月29日に、以前より一部で報道があったキンチョウスタジアムの改修計画を発表しました。



収容人数は現在の約2倍の4万人規模にすると発表し、東京オリンピックでのサッカー競技での招致を目指すという事から、東京オリンピック前年の平成31年度中の完成を目指すとの事。

平成29年に着工予定の総工費は約50億円とし、工費の一部を募金でまかなう計画とのこと。

このスタジアムが完成すると、ガンバ大阪の新スタジアムとあわせて大阪府下に2つめの4万人規模の球技専用スタジアムができる事になります。

来年度からキンチョウスタジアムやヤンマースタジアム長居のある長居公園の指定管理者をセレッソ大阪を中心としたグループが担当する予定で、スタジアム改修計画と合わせて興味深い変化が起こってくるかもしれません。
この記事を書いたライター: 中山 亮 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 セレッソ大阪  ピッチ外
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング