【データで検証】先制点を取るチームランキング

配信日:2015/10/02 07:32 Written by 中山 亮
まだ評価がありません
【データで検証】先制点を取るチームランキング
digital tablet and financial report on table
【データで検証】先制点を取るチームランキング

サッカーは先制点が大切だと言われることの多い競技です。
前回は2000年以降のJ1で先制点を取った時の勝率を検証

2885勝720分638敗 勝率約68%

チーム別だと
1 浦和レッズ 188勝34分23敗 勝率76.7%
2 サガン鳥栖 47勝6分11敗 勝率73.4%
3 鹿島アントラーズ 214勝48分30敗 勝率73.3%




という数字が出ました

という事で先制点の有利性がわかった所で今回はどこが先制点を取る確率が高いのかを調べてみます。

【先制点率】2000年以降J1のみ
1.ガンバ大阪 485試合中287試合で先制 59.18%
2.鹿島アントラーズ 519試合中294試合で先制 56.65%
3.名古屋グランパス 519試合中276試合で先制 53.18%
4.川崎フロンターレ 399試合中208試合で先制 52.13%
5.サンフレッチェ広島 455試合中237試合で先制 52.09%
6.ジュビロ磐田 456試合中230試合で先制 50.44%
7.浦和レッズ 489試合中246試合で先制 50,31%
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8.横浜F・マリノス 519試合中258試合で先制 49.71%
9.サガン鳥栖 131試合中64試合で先制 48.85%
10.松本山雅FC 29試合中14試合で先制 48.28%
11.清水エスパルス 519試合中250試合で先制 48.17%
12.ジェフユナイテッド千葉 320試合中152試合で先制 47.50%
13.FC東京 485試合中229試合で先制 47.22%
14.ベガルタ仙台 259試合中120試合で先制 46.33%
15.柏レイソル 451試合中208試合で先制 46.12%
16.セレッソ大阪 358試合中161試合で先制 44.97%
17.アルビレックス新潟 399試合中176試合で先制 44.11%
18.東京ヴェルディ 218試合中95試合で先制 43.58%
19.大宮アルディージャ 340試合中141試合で先制 41.47%
21.ヴィッセル神戸 451試合中185試合で先制 41.02%
22.大分トリニータ 264試合中107試合で先制 40.53%
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
22.ヴァンフォーレ甲府 199試合中76試合で先制 38.19%
23.コンサドーレ札幌 128試合中46試合で先制 35.94%
23.アビスパ福岡 128試合中46試合で先制 35.94%
25.京都サンガFC 226試合中79試合で先制 34.96%
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
26.湘南ベルマーレ 97試合中29試合で先制 29.90%
27.モンテディオ山形 131試合中34試合で先制 25.95%
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
28.横浜FC 34試合中6試合で先制 17.65%
28.徳島ヴォルティス 34試合中6試合で先制 17.65%

攻撃的なサッカーで結果を残していた期間が長いガンバ大阪が1位となりました。
また鹿島アントラーズが2位。
先制点を取った時の勝率も勝率73.3%で3位の数字を残している鹿島なので、
やはりこれまでのタイトル数が物語っています。
この記事を書いたライター: 中山 亮 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 戦術分析
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング