レアルとユーヴェが2連勝、マンチェスター勢は逆転初白星【CL第2節A~D組】

配信日:2015/10/05 09:00 Written by ANNO ZERO
まだ評価がありません
レアルとユーヴェが2連勝、マンチェスター勢は逆転初白星【CL第2節A~D組】
BERLIN, GERMANY - JUNE 06: Alvaro Morata of Juventus celebrates scoring his team's first goal during the UEFA Champions League Final between Juventus and FC Barcelona at Olympiastadion on June 6, 2015 in Berlin, Germany. (Photo by Laurence Griffiths/Getty Images)
今季のチャンピオンズリーグ第2節が、現地9月29日と30日に行われた。

A組:
第1節に続き連勝を決めグループ首位に立ったのは、レアル・マドリード(A組)。クリスティアーノ・ロナウドが、今大会通算で早くも5得点目を挙げ、チームはこれまで無失点と好調だ。C・ロナウドは、この試合でキャリア通算500得点とラウール・ゴンサレスに並ぶクラブ最多得点記録を打ち立てた。同組では、2連勝のパリ・サンジェルマンが同じく無失点ながら、得失点差「1」で2位に甘んじている。

マルメ 0-2 R・マドリード
シャフタール・ドネツク 0-3 PSG

B組:
マンチェスター・Uが、ボルフスブルクに先制を許しながらもフアン・マタとクリス・スモーリングの活躍により逆転で1勝目。4チームが1勝1敗、得失点差でも並ぶ混戦となっている。

マンチェスター・U 2-1 ボルフスブルク
CSKAモスクワ 3-2 PSVアイントホーフェン

C組:
シュート数わずか5本のベンフィカが若手2選手のCL初ゴールで、23本のシュートを放ったアトレティコ・マドリードを下し、通算出場11回目で初の開幕2連勝を飾っている。

A・マドリード 1-2 ベンフィカ
アスタナ 2-2 ガラタサライ

D組:
今節セビージャ戦でサミ・ケディラが復帰したユヴェントスは、リーグ戦での低迷を感じさせないパフォーマンスで2連勝を飾り、首位に浮上。アルバロ・モラータはこの試合で決めた先制ゴールにより、アレッサンドロ・デルピエロが樹立したCL戦5試合連続得点のクラブ記録に並ぶ快挙を果たしている。前節でユヴェントスに敗れたマンチェスター・Cは、メンヘングラットバッハ戦で1点ビハインドから追いつくと、終了直前のPKをセルヒオ・アグエロが決めてグループスステージ突破に向けてなんとか1勝目を奪取した。

ユヴェントス 2-0 セビージャ
メンヘングラットバッハ 1-2 マンチェスター・C
この記事を書いたライター: ANNO ZERO このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 チャンピオンズ・リーグ  レアル・マドリード  ユベントス
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング