岡田オーナーのFC今治、最終節で勝利し四国リーグ優勝決定!11月の地域決勝大会へ

配信日:2015/10/07 19:54 Written by ガナーズ
まだ評価がありません
岡田オーナーのFC今治、最終節で勝利し四国リーグ優勝決定!11月の地域決勝大会へ
DURBAN, SOUTH AFRICA - JUNE 19: Takeshi Okada head coach of Japan looks on prior to the 2010 FIFA World Cup South Africa Group E match between Netherlands and Japan at Durban Stadium on June 19, 2010 in Durban, South Africa. (Photo by Paul Gilham - FIFA/FIFA via Getty Images)
 四国リーグ第14節が4日に行われ、岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治が高知・佐川町のスポーツパークさかわでリャーマス高知と対戦した。

 同じ会場で先に行われた高知Uトラスターはアイゴッソ高知に2−1で勝利し暫定首位に浮上。もし、FC今治が引き分け以下に終われば高知Uトラスターの優勝が決まる試合となった。

 試合開始早々の前半3分に高橋のゴールで先制したFC今治は、その後も立て続けにチャンスを作る。しかし、ようやく追加点を決めたのは後半終了間際の後半38分だった。岡本が中央に折り返したボールを乙部が冷静にシュートを決めたのだ。

 1−1になれば優勝が消えていただけに、ヒヤヒヤした展開となった。なんとか2−0で勝利したFC今治は、11月に行われる全国地域リーグ決勝大会に参加する。グループリーグを突破し、決勝トーナメントで2位以上となればJFL昇格が決まる。四国リーグ優勝は、JFLに一歩近づいたにすぎない、本当の勝負はここからだ。
この記事を書いたライター: ガナーズ このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 岡田武史  J3  J1  J2
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング