G大阪のMF堂安が新世代のヤングスター世界の50人に選ばれる!「新たな時代の象徴」

配信日:2015/10/11 21:46 Written by yohji
まだ評価がありません
G大阪のMF堂安が新世代のヤングスター世界の50人に選ばれる!「新たな時代の象徴」
OSAKA, JAPAN - MAY 27: Cha Du Ri #5 of FC Seoul (R) in action,Ritsu Doan #38 of Gamba Osaka is debut (16years old) during the AFC Champions League Round of 16 match between Gamba Osaka and FC Seoul at Expo '70 Stadium on May 27, 2015 in Osaka, Japan. (Photo by Masashi Hara/Getty Images)
イギリスの高級新聞紙「ガーディアン」は7日、「1998年生まれの将来有望な50人の選手」という特集を組み、その中で日本人選手で唯一ガンバ大阪のMF堂安 律選手(1998年6月16日生まれ)が選出された。

堂安はG大阪のユース出身で、世代別のU-18まで日本代表でプレーしていた。さらに堂安は今年6月の鹿島アントラーズ戦で途中出場し、16歳11ヶ月18日というクラブ史上最年少記録でJリーグデビュー果たす。この記録は同クラブのエース、宇佐美 貴史選手が保持していた記録を30日上回った形となった。このデビューを含め、今シーズンは3試合に出場している。

ガーディアン紙は堂安に対して、「日本サッカー界の新たな時代を象徴している。」と紹介し、「日本のW杯最初の試合(1998年フランス大会、6月14日アルゼンチン戦)の2日後に生まれており、2020年の東京オリンピックに向けて準備をしている。左利きのこの選手はスピードと高度なドリブル技術、そして驚くべきフィジカルの強さを持っている。」と同選手を高く評価している。

選出された50人の中には、あのフランスのレジェンドのジネディーヌ・ジダンの息子であるGKルカ・ジダン(レアル・マドリー・カスティージャ)や、レアル・マドリーでクラブ最年少出場記録を果たしたノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴー(レアル・マドリー)、アジアではU-18韓国代表のFWイ・スンウ(バルセロナB)などが選出されている。
この記事を書いたライター: yohji このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 U-18  ガンバ大阪
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング