ナビスコカップ、決戦の2ndレグ。決勝へ進むのは前回覇者か、常勝軍団か、悲願の初冠載か

配信日:2015/10/10 17:15 Written by 阪野 俊也
まだ評価がありません
ナビスコカップ、決戦の2ndレグ。決勝へ進むのは前回覇者か、常勝軍団か、悲願の初冠載か
OSAKA, JAPAN - FEBRUARY 24: Yasuhito Endo #7 of Gamba Osaka sets the ball during the AFC Champions League Group F match between Gamba Osaka and Guangzhou R&F at Expo '70 Stadium on February 24, 2015 in Osaka, Japan. (Photo by Masashi Hara/Getty Images)
ナビスコカップ準決勝1stレグが10月7日(水)に行われた。ヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズ、アルビレックス新潟vsガンバ大阪、ともにスコアは2−1となった。

鹿島はアウェイで先勝し、2得点のアウェイゴールという大きなアドバンテージを持って、ホームで行われる2ndレグを迎える。対する神戸は初の決勝進出を果たすべく、悲願の初タイトルへ常勝軍団のホームで2点以上の得点を奪っての勝利が条件となる。条件は厳しいが1stレグで奪った1点が希望を繋ぐ。

そしてホームで先勝した新潟もJ1で初のタイトルを目指し、決勝へ王手をかけた。後半に退場者を出し、数的不利な状況にもかかわらず1stレグでは試合終了間際の逆転弾で劇的勝利を収め、チーム一丸となり前回覇者を退けた。
ガンバはACLからのアウェイ3連戦と過密日程から体調を考慮し、MF遠藤保仁、FWパトリックら、日本代表に招集された4人を含め、8人もの主力がベンチ外となった。先発9人を入れ替え、フレッシュなメンバーで臨んだが、先制点こそあげるものの、イージーなミスが多く、集中力を欠く場面が多く見受けられ逆転負けを喫した。
しかし、ガンバは遠藤、今野、パトリックを1stレグでは温存しており、まだ勝負はわからない。

ファイナリストは悲願のタイトルを目指す神戸か、新潟か。常勝軍団・鹿島か、それとも連覇を目指すガンバか。2ndレグは10月11日(日)、14:00同時刻キックオフ。
この記事を書いたライター: 阪野 俊也 このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 ナビスコ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング