元ドイツ代表MFが監督してピッチに戻って来る?

配信日:2015/10/15 09:00 Written by ST
まだ評価がありません
元ドイツ代表MFが監督してピッチに戻って来る?
27 JUN 1994: STEFAN EFFENBERG OF GERMANY IN ACTION DURING THE 1994 WORLD CUP MATCH GERMANY V SOUTH KOREA AT THE COTTON BOWL IN DALLAS, TEXAS. Mandatory Credit: David Cannon/ALLSPORT
ドイツの大衆紙「ビルト」は、ブンデスリーグ2部に所属するパーダボルンが、先日解任したマルクス・ゲルハウス氏の後任として、エッフェンベルク氏と交渉していると報じた。

クラブマネージャーのミヒャエル・ボルン氏は8日、スペインのマジョルカで同氏と極秘会談を行い、就任を要請したとの事。現在は詳細を詰める段階で、早ければ14日にもエッフェンベルク監督が誕生しそうだ。

エッフェンベルクは1987年にボルシアMGでキャリアをスタートさせた。広い視野から長短の正確なパスを供給するゲームメーカーとして頭角を現す。その後、バイエルン・ミュンヘンへ移籍を果たし、2001年のチャンピオンズリーグでは優勝も経験している。しかし、ピッチ内外で問題を起こす事でも有名で、94年のアメリカW杯では味方サポーターのヤジに激怒し、観客に向かって中指を立てる行為で強制帰国させられるなど、多くの話題を提供してくれた。

現在15位と低迷しているパーダボルンだが、このチームで監督をする事は、その後のキャリアアップに繋がるケースが多い。レバークーゼン監督のロジャー・シュミット(2011-2012)、ボルシアMG監督・アンドレ・シューベルト(2006~2011)、そして現在はシャルケで監督を務めるアンドレ・ブライテンライター(2013~2015)などはその最たる例だろう。

監督経験のないエッフェンベルク氏だが、どのようなサッカーを見せてくれるのか楽しみだ。
この記事を書いたライター: ST このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 監督人事
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング