【CLマッチプレビュー】いきなりピンチのアーセナル。バイエルンとの勝負の2連戦に挑む

配信日:2015/10/15 09:30 Written by yohji
まだ評価がありません
【CLマッチプレビュー】いきなりピンチのアーセナル。バイエルンとの勝負の2連戦に挑む
LONDON, ENGLAND - AUGUST 09: Arsenal manager Arsene Wenger looks on during the Barclays Premier League match between Arsenal and West Ham United at Emirates Stadium on August 9, 2015 in London, England. (Photo by Mike Hewitt/Getty Images)
UEFAチャンピオンズリーグで初めて開幕2連敗を喫したアーセナルが、ホームで2連勝中のバイエルン・ミュンヘンとの極めて難しい試合に挑む。

グループFで戦っているアーセナルは初戦のディナモ・ザグレブに1-2、第2節のオリンピアコス戦にはホームで2-3と敗れた。いきなりの2連敗でこれ以上負けれなくなったアーセナルだが、続く第3節と第4節の相手はグループ最大のライバルであるバイエルン・ミュンヘンとの連戦だ。アーセナルにとっては正念場を迎えることになる。

対するバイエルンは現在連勝中と目下絶好調である。さらに3-0、5-0と2試合を終えて8得点で無失点と非の打ちどころがない。第2戦でハットトリックを記録したFWロベルト・レヴァンドフスキはリーグ戦含め直近の4試合で12ゴールとアンタッチャブルな存在となっている。但し、両チームとも多くのケガ人を抱えている。アーセナルはウィルシャー、ロシツキー、コクランとウェルベックなど例年通りの数のケガ人が続出し、バイエルンもバトシュトゥバーが長期離脱中やビダルとべナティア、先日行われたユーロ予選でゲッツェが長期離脱を強いられリベリーも最近になってランニングができるようになったばかりだ。

両チームの最近の対戦は2013-14シーズンのラウンド16。この時はホーム&アウェーで合計3-1でバイエルンが勝利している。アーセナルはバイエルンとのホームゲームで過去4試合中1勝しか挙げていない。2004-05シーズンのラウンド16で1-0と勝利したが、続くドイツの地で1-3と敗れ敗退に終わっている。アーセナルは結果次第ではほぼグループステージ突破が絶望的になるだけに勝利が必要不可欠になる。
この記事を書いたライター: yohji このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 バイエルンミュンヘン  チャンピオンズ・リーグ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング